読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「敏感すぎて苦しい」がたちまち解決する本

「敏感すぎて苦しい」がたちまち解決する本

「敏感すぎて苦しい」がたちまち解決する本

作家
高田明和
出版社
廣済堂出版
発売日
2017-08-31
ISBN
9784331521229
amazonで購入する

「敏感すぎて苦しい」がたちまち解決する本 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヒデミン@もも

新刊棚で。疲れるね。

2017/09/24

はじめさん

5人に1人はいるとされる、敏感な人HSP。私もおそらくこれで、聴覚過敏がある。大人数飲み会のガヤガヤ音や鍋のグツグツ、コップがぶつかる音とか、全部拾ってひどく疲れる…。ぽつねんと尾崎疎外感で早く帰りたくなるしね。酔漢はタヒね。急に話しかけられるとビクッと肩があがるほど驚き、マッサージ行くと肩の凝りがひどいと指摘される。/ アナ雪のエルサは本質を見抜く目を持ちHSP? とか身近な例をもってきている。/〜べき。みたいな思想にとらわれない。友達が居なくてもいい、謝られても許さなくていい。そう考えると小学校教育?

2019/12/30

haruaki

非常にわかりやく読み易い文章で書かれていて、著者自身の経験も書かれているので似たようなHSP特有の感覚や生きづらさに共感し、すらすら読めた。自分はただ疲れやすい体質なのだとうんざりしていたが、脳の感度の問題なのだと改めて理解。同調圧力の空気、ホント嫌だ。

2019/11/20

ニョンブーチョッパー

★★★★★ 「繊細さん」という単語は最近よく目にするけれど「HSP」という言葉を目にしたのは初めてで「まさにこれは自分のことだ」と強く思った。太宰治を読んで自分のことだと感じる読者の話を聞いたことがあって、私は太宰治作品に対してそう感じたことがなかったのでよく分からなかったのだけれど、こういう感覚なのかということを実感できた。↓

2020/06/25

ひなた

敏感体質を長所と捉える発想や対処法など、自分の気質を上手く扱うための取扱説明書みたいな本。あの人はもしかしてチョー敏感な人かもと思い当たる点があり、その人をフォローするためにはどうしたらいいかを探りながら読む。とても分かりやすくて役に立ちそうです。

2019/02/02

感想・レビューをもっと見る