読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

HSPとうつ 自己肯定感を取り戻す方法

HSPとうつ 自己肯定感を取り戻す方法

HSPとうつ 自己肯定感を取り戻す方法

作家
高田明和
出版社
廣済堂出版
発売日
2019-03-31
ISBN
9784331522233
amazonで購入する

「HSPとうつ 自己肯定感を取り戻す方法」のおすすめレビュー

あなたの「ツライ…」は“うつ”じゃないかも。「チョー敏感体質(HSP)」でもラクに生きる方法

『HSPとうつ 自己肯定感を取り戻す方法』(高田明和/廣済堂出版)

 大型連休が終わってしばらく経ったものの、「働く気が起きないな~」と感じる人は少なくないだろう。それが「全てにおいてやる気が起きない」「そんなことを考える自分はダメな人間だ」「つらい」「苦しい」…という深刻な気持ちになってくると“うつ”を疑うようになるかもしれない。しかしあなたが“うつ”と思っている症状は、もしかしたら“HSP”の症状のひとつかもしれない。

『HSPとうつ 自己肯定感を取り戻す方法』(高田明和/廣済堂出版)は、うつとHSPの違いをわかりやすく説明し、さらにその症状を踏まえたうえで自己肯定感を取り戻す方法を記した1冊だ。HSP(Highly Sensitive Person:過敏性症候群)は、一言でいえば「チョー敏感な人」。人の言動、音や光、色に対して敏感に反応してしまうため、驚きやすく、びくびくしてしまいがち。神経の昂りを身体が“不安”や“恐怖”と捉えてしまうのだ。HSPは身近なものでもあり、世界ではおよそ5人に1人がHSPだという。

■「うつ」と混同されやすい「HS…

2019/5/22

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

HSPとうつ 自己肯定感を取り戻す方法 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

摩天楼-ABC-D

☆HSP:Highly Sensitive Person:超敏感気質 ☆身体の症状は身体が発する心の叫びであり注意信号 ☆自己肯定感を育てる7つのステップ ①自分にとって気持ちが良い事をする ②好きな事をやるのに理由はいらない ③自分が持っているものに目を向ける。人より優れた能力がある ④眠る前にアファメーション。肯定的な言葉を自分へ。 ⑤ネガティブ感情を無理に否定しない ⑥欠点こそ自分の持ち味である ⑦無条件の自信を持てるマインドフルネスを意識する ☆困った事は起こらない。全ては良くなる。

2019/05/23

月と星

★★★★HSPとうつの違い。エネルギー・バンパイアやFOG。

2019/09/25

くらーく

最近、HSPを知ったんだわ。敏感さんなんだね。せめて、15年いや20年前に知っていればなあ。。。また、人生が変わっていたかもしれないな。 まあ、サラリーマンをやっていると、自己肯定とは全く逆の世界で、常に否定される生活。中には、(本人は叱咤激励のつもりなんだろうけど)仕事内容だけじゃなく人格否定もあるからなあ。HSPなら、その人格否定発言がどんどん大きくなり、ミッションが達成できないのはすべて自分の責任。。。なんて思ったりするわけだ。そこからうつ病になる人もいたんじゃないかねえ(と勝手に想像)。

2019/12/21

じぇふ

HSPはうつと誤診されやすいという実体験から、根本原因は実は違う可能性があることを知ってほしいという著者の強い思いを感じました。本書で触れられている「チョー敏感な人」と「タフな人」は排他ではなく「HSS型HSP」として現れるのだと、なんとなく気づきがありました。そして「HSS型HSPはうつ病になりやすいのでは?」という仮説も浮かんでいます。私はHSS型HSPですがうつ病の傾向にもバッチリ当てはまっていました。色々な考えが浮かぶきっかけになった本でした。

2019/09/04

ととろ

ありがちなHSP本。ちなみに、作者もHSP。この本の中で面白いと感じたのは、自信と自己肯定感は違うということ。○○ができるから自信があるは、条件付き自信。自己肯定感があるというのは、条件付き自信がなくても、自分を肯定できること。すごくしっくりきた。

2019/05/29

感想・レビューをもっと見る