読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

HSPと不安障害

HSPと不安障害

HSPと不安障害

作家
高田明和
出版社
廣済堂出版
発売日
2020-09-21
ISBN
9784331523100
amazonで購入する Kindle版を購入する

HSPと不安障害 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はじめさん

最近は芸能人も「私はHSP」と言う時代。ちょっとお前本当かよ、見えねぇなぁw と思うこともしばしば。相手に共感する、という部分でおおまかな感情を読みとるエンパスなんてのもいるが、テレパスみたいに思考まで読み出したら恐怖。もしも不機嫌な気持ちが相手に知られたら、嫌われるから作り笑いしなきゃ! や、知らずに相手の求めるやり取りなんかをストレス感じながらやってしまったり。幼児にDVしてやろうと思っただけでギャン泣きしたりと、「勘のいい」がHSPという言葉を得て色々知られてきた。直近の本なのでコロナ不安なども記す

2020/12/31

suu

図書館本。ADHDなどとともに最近よく聞く言葉、HSP。 不安になってどうしようもなくなることは今よりも学生時代の方がほぼ毎日だった。当時を思い出しつつ読み進めた。不安なことを書いて視覚化すること、相手が言っていることを反復して共感すること、あとは楽しいことをやる。基礎っぽく見えるけど、すごく大事。 こういう本が出てきて思うことは、本当みんな独りじゃないこと。今の自分の悩みは他の誰かも悩んでいるかもしれないということを知っていければ、本当の意味で助け合える世の中にちょっとでも変わるんじゃないかということ。

2021/03/02

Go Extreme

セレトニン不足→不安 漠然とした不安 ×マイナスカード集め お金コンプレックス・お金アレルギー それは私の問題じゃない 相手の言葉の反復→気持ちを和ませる 不安:実物よりも大きく見える影 自由→不安 自分中心の思考を手放す 暗示の言葉 不安や怒りの奥に隠された感情 悪意エネルギーの対処法 バーチャルとリアルのバランス ミラーニューロンとシンクロニティ 不安や恐怖:学習の産物 仕事:気質を知って選ぶ 脳内ホルモン 長距離思考と短距離思考 なるようにしかならない 時の経過を待つ リフレ―ミング 水をイメージ

2020/11/02

シュウヘイ

HSPと不安障害 それぞれ違う概念ではあるが、重なり合いが多い 慣れないこと お金 人間関係

2021/02/17

suu

やりたい仕事ができないことが不幸なのではなく、自分にあっていないことを職業にするのが不幸なのである。

2021/01/30

感想・レビューをもっと見る