読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

虹の橋―Rainbow Bridge

虹の橋―Rainbow Bridge

虹の橋―Rainbow Bridge

作家
葉 祥明・絵
葉祥明
出版社
佼成出版社
発売日
2007-06-30
ISBN
9784333022809
amazonで購入する

虹の橋―Rainbow Bridge / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ann

故・愛犬にソックリなワンコの絵と、優しい語りかけに、やっと止まった涙がまた、、、私の大切なあのコも、虹の橋で待っててくれると信じて。

2016/09/06

Heart place

何度読んでも素敵な詩*愛猫を亡くした日に、この詩を読んだ時は本当に救われた(;_;)まだまだ愛猫がいなくなった悲しみは癒えないけれど、私もいつか虹の橋で大好きな愛猫に会えると信じて一生懸命生きようと思った。(*´ー`*)

2016/10/26

なつ

『虹』作陶のアイデアをもらえるかなと思い選んだ本。でも読んでみて「あぁそういうことだったのか」と。わたしは犬や猫を飼ったことがないので、その最期を見届けたこともないし、哀しみや寂しさを味わったこともないけれど、でも、知人や友人、そして、この読書メーターの方達の体験やお話を伺ってきたので少しは分かる。人も動物も同じなんだということを。亡くなっても尚、お互いに求め合い、果てしない時間を耐えてでも「いつか必ずまた会える日が来る」と信じて待ち続ける想い、その大切な存在を決して忘れない魂というものが存在することを。

2020/07/06

上(うえ)

小学校一年生の時から飼っていた愛犬を思い出しながら… 飛びついてくるくせに抱っこは嫌がること、隠れんぼも追いかけっこも鬼になるのが好きだったこと、こっそりおやつをあげたこと、一緒に遠くまで散歩に行って迷子になりかけたこと。 それからそうそう、僕が意地悪をしたときには、全力で噛みついてきましたね。手には今でも当時の傷跡が残っていて…もちろん素敵な思い出なので、僕はよく友達に話したりしています。 最後も一緒に居たかった。 限りある時間の中でたくさんの思い出をありがとう。 いつか虹の橋で、もう一度会いたいな

2018/10/31

あおい

愛するペットとの別れは永遠の別れではない。虹の橋であなたを待っているから…温かい素敵な絵の優しいお話。

2019/09/08

感想・レビューをもっと見る