読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鳩摩羅什 法華経の来た道

鳩摩羅什 法華経の来た道

鳩摩羅什 法華経の来た道

作家
立松和平
横松心平
出版社
佼成出版社
発売日
2017-01-25
ISBN
9784333027514
amazonで購入する

鳩摩羅什 法華経の来た道 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カザリ

タイトルに惹かれて読んでしまった。和平、意外に読みやすくて30分で読了。文学作品、小説としては古い感じが否めないのだけれど、読みやすくて、主人公と鳩摩羅什の苦渋、そして周囲からの救済、和解がリンクして、泣けた。面白いとかそういう作品ではないけれど、鳩摩羅什、人類が誇るすごい人だということがわかった。。。次の猫の名前は、、(またかよ)

2017/04/09

壹玖

当時の鳩摩羅什の生涯と現代のある青年の半生を交互に語る手法も面白かった。はるか昔に釈尊の教えを広く人々に広めようと生涯をかけた鳩摩羅什とその後進がもたらしたお経が、現代で悩み生きる人たちの心を救っているのが、時間を超越した何かに自分も救われるような、そんな気持ちにしてくれる。会ったことなどない鳩摩羅什と繋がっているような気持ちになり、この辺りがあたたかくなる。その人を想うとき、その人はここにいる。

2018/07/06

ヨシモト@更新の度にナイスつけるの止めてね

鳩摩羅什の生涯を書くにあたって破戒の事実をこうもきれいに処理できてしまうということは、さては教本の類に載せるための文章か?と想像したが、巻末の注で大当たりと判明。残念ながら、これは教科書であって、読んで味わう類の本ではない。それでも、長安においての鳩摩羅什の翻訳の進め方などはおもしろかったが。立松和平が生きていて最後まで書き通したなら、こんな本にはならなかったのでは・・?とも思うが、さて、どうかな。

2020/04/12

感想・レビューをもっと見る