読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

子どもが増えた! 明石市 人口増・税収増の自治体経営(まちづくり) (光文社新書)

子どもが増えた!  明石市 人口増・税収増の自治体経営(まちづくり) (光文社新書)

子どもが増えた! 明石市 人口増・税収増の自治体経営(まちづくり) (光文社新書)

作家
湯浅誠
泉房穂
藻谷浩介
村木厚子
藤山浩
清原慶子
北川正恭
さかなクン
出版社
光文社
発売日
2019-02-14
ISBN
9784334043988
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

兵庫県明石市は、近年、子育て支援による子ども増・人口増・税収増で注目されている。市が掲げる「子どもを核としたまちづくり」「やさしいまちを明石から」が、聞こえのいいスローガンで終わらないのはなぜか? その要因は? 市民・市議会の理解は得られているのか? 理屈ではなく実践を積み重ねてきた市長と社会活動家が、自治体関係者、元官僚、研究者等の論客を迎え多面的に分析。住民が市長に本音をぶつける座談会も収録。

ジャンル

子どもが増えた! 明石市 人口増・税収増の自治体経営(まちづくり) (光文社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こばまり

もはや明石市前市長になってしまった泉房穂氏と社会活動家湯浅誠氏によるゲスト鼎談。前向きで面白くて、示唆に富んでいて残念でならない。パワハラはあってはならないことだ。しかし、優れた手腕による業績や功績はその人の気質とは分けて評価したい。完璧な人間などいないのだから。

2019/02/24

ryohjin

ゲストを交えた鼎談から、福祉を中心とした「今」の地域行政の課題や取組み、考え方の一端を知ることができました。 パワハラ自体は許されることではありませんが、子供に対する施策を軸に実績を挙げてきた明石市の泉市長がすでに前市長になってしまったことは残念です。

2019/03/03

感想・レビューをもっと見る