読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

名画で読み解く プロイセン王家12の物語 (光文社新書)

名画で読み解く プロイセン王家12の物語 (光文社新書)

名画で読み解く プロイセン王家12の物語 (光文社新書)

作家
中野京子
出版社
光文社
発売日
2021-05-18
ISBN
9784334045395
amazonで購入する Kindle版を購入する

名画で読み解く プロイセン王家12の物語 (光文社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みっちゃん

歴代の王の名前。フリードリヒが3人、ヴィルヘルムが2人、そしてフリードリヒ・ヴィルヘルムが4人。ややこしい事この上ない。掲載の絵画で深く印象に刻まれたのは、王や王妃の肖像画ではなく、サージェントの『ガス』ドイツのマスタードガスによって目を負傷した兵士達が、前の兵士の肩に手を置いてよろよろと歩いていく。殺傷能力を大幅に増した兵器が登場した第一次世界大戦。その能力だけは日々進化を遂げて、今もこの地球上のどこかで、苦しみ嘆いている人たちがいる。

2021/07/28

さつき

このシリーズ好きで毎回楽しみにしてます。王侯貴族のエピソードは肖像画を見ながらだと、どんな人だったか想像しやすいです。今回はプロイセンのホーエンツォレルン家。過去作に比べると聞き覚えの少ない名前だけど、近現代に与えたインパクトは大きい。日本との関わりも深くて、なるほどと思うエピソードがありました。表紙にもなっているルイーゼ妃は国民からの人気も高く、ナポレオンからプロイセンの女豹と呼ばれたらしいです。

2021/07/05

星落秋風五丈原

ハプスブルグ家、ブルボン家と同じくプロイセン王家にも姓はある。ホーレンツォレルン家といい、ホーレンは高いという意味だ。有名人はフリードリヒ大王とビスマルク。フリードリヒ大王の肖像画の目が可愛いが眼差しは厳しい。視線の先には亡き父親か。彼は妻帯したが同性愛者である。若き日に彼氏と逃亡を図ったがあっけなく捕まり、本人は塔に幽閉されたまま恋人の処刑を見せられる(が、正視できず本人失神)。いやいや父王、どんなSMプレイだ。怯んで心を入れ替えるかと思いきや性癖はそんなに簡単に変えられない。むしろ恨みが募る。

2021/06/12

たらお

王家の歴史を肖像画と共に解説付きで読むことが異常に面白い。プロイセン九代の王の特徴や史実のチョイスも絶妙。~初代【猫背のフリッツ】建築道楽/二代【兵隊王】吝嗇だけど軍備につぎ込む/三代【大王】プロイセンの顔。モルヴィッツの戦いに劇的勝利/四代【デブの女たらし】ブランデンブルグ門の建造/五代【不定詞王】仏ナポレオンに敗れる。王妃は表紙絵の絶大な人気を誇る王妃ルイーゼ/六代【ひらめ】反戦主義で演説好き/七代【白髭王】臣下に鉄血ビスマルク/八代【我らがフリッツ】咽頭癌/九代【最後の皇帝】第一次世界大戦で瓦解。

2021/05/29

活字スキー

あとがきによれば『怖い絵』以上に思い入れがあるらしい、中野京子さんの『12の物語』シリーズ第五弾はプロイセン王家。寝ても覚めてもゴタゴタ続きのヨーロッパ史においては遅咲きで、長く地方豪族がひしめく田舎に過ぎなかったドイツがいかに近代的連邦国家となり、強国の仲間入りを果たしたのか。名画を肴にキレの良い中野節で歴史を学ぶのにぴったり……と言いたいところだが、いくらなんでもフリードリッヒとヴィルヘルムがゲシュタルト崩壊するにもほどがある!

2021/06/06

感想・レビューをもっと見る