読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

漂砂の塔 (カッパ・ノベルス)

漂砂の塔 (カッパ・ノベルス)

漂砂の塔 (カッパ・ノベルス)

作家
大沢在昌
出版社
光文社
発売日
2020-09-16
ISBN
9784334077457
amazonで購入する

漂砂の塔 (カッパ・ノベルス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

君島 嵐士

ロシア語と中国語が話せる石上は、単身ロシアの離島へ行かされた。 そこで、殺されたニシグチの捜査をすることになる。 皆んなが皆んな怪しい中で、石上は徐々に犯人を追い詰める。 最後の死闘は、目が離せない! 1週間くらいの話だが、かなり読み応えがあった!

2020/09/28

fuku

タチアナ先生とギュロリーと

2021/03/07

あきぴー@武蔵国

『走らなあかん、夜明けまで』っぽくて懐かしい感じがしましたが、思ったほどではありません・・・ 評価:★★★☆☆

2020/11/17

感想・レビューをもっと見る