読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人それを情死と呼ぶ 鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション (光文社文庫)

人それを情死と呼ぶ 鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション (光文社文庫)

人それを情死と呼ぶ 鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション (光文社文庫)

作家
鮎川哲也
出版社
光文社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784334731793
amazonで購入する Kindle版を購入する

人それを情死と呼ぶ 鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

『死のある風景』とともに好きな作品。容疑者が新たに浮かび上がる時の、視界が反転するような意外性の演出の仕方や、ラストの寂しい余韻など、コンパクトな物語ながら、A級作品の風格が備わる。トリックに関しては、特に寒参りのものなど、人工的に過ぎるというか、クイズの出題、もっとストレートに悪くいってしまえばゲームチックで実現性に乏しい。にもかかわらず、社会派な匂いすら感じさせるのは、調理の腕が良いということでもある。改めて、何作か再読していくと、氏はトリックメーカーとしてカーへ通じる部分も意外に強いのだと感じる。

2018/06/23

🐾Yoko Omoto🐾

鬼貫警部と言えば、火サスで大地康雄さんが演じていたシリーズがとても印象に残っている。調べてみて驚いたのは、この「人それを情死と呼ぶ」が、このシリーズ含め6回もドラマ化されているということだ。“情死”という、どこか淫靡で哀切を漂わせるモチーフ所以であろうか。練られた偽装工作やアリバイトリックを、僅かな綻びから手繰っていく精妙なプロセスは見事。50年以上も前の作品であるため、現在の科学捜査ではまず通用しない点はあるが、罪に罪を重ねなければならなくなる悲しき悪循環が、人の罪に纏わる不変を感じさせる名作である。

2015/11/22

森オサム

贈収賄事件に関与していた人物が愛人と失踪する。後に山中で二人の死体が発見され、先を悲観しての心中で有ったと思われたのだが、些細な事をきっかけに偽装では無いか、との疑問を持たれる事となる。1961年の作品なので、時代の違いを感じる違和感は仕方の無い所でしょう。さて、トリックはやはり大したことは無い。しかし小説としてとても美しく、登場人物の全てが息づいている事に感動した。本格作家のイメージだけで単純に測れない、叙情や余韻、心理描写の巧みさが有る。タイトルが素晴らしい、と思う感性をお持ち方は読んで損は無いです。

2018/09/22

goro@80.7

収賄事件を苦に愛人との無理心中事件と思われたが、割り切れない妻と妹の由美が事件を追う。鬼貫警部物だけど由美の推理が犯人を追い詰めて行く姿が一途で良い。これは本格推理の度合いは低いが最後の哀愁感は心に残る。アリバイは崩すよりも作るほうが難しいわ。崩せなかったら推理小説じゃなくなるし、カタルシス得られないものねぇ~。

2020/05/03

たか

松本清張や森村誠一ら社会派ミステリー全盛期の中で本格の灯を守り続けたのが、鮎川哲也や土屋隆夫である。本書は、本格派の鮎川哲也が、社会派を意識しながら書いた本格ミステリと言える。『社会派の題材を本格派の作家がどう料理するか』 一見、社会派に見える題材を見事に本格に仕上げているところがさすが。タイトルネーミングもいい。C評価

2018/09/24

感想・レビューをもっと見る