読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

濡羽色のマスク (光文社文庫)

濡羽色のマスク (光文社文庫)

濡羽色のマスク (光文社文庫)

作家
赤川次郎
出版社
光文社
発売日
2002-09-10
ISBN
9784334733728
amazonで購入する Kindle版を購入する

濡羽色のマスク (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あつひめ

どちらかというと、女たちの方が肝が据わってる…そんな印象を受ける作品だった。男達よ、なぜそんなに逃げてばかりいるんだ。そして、なぜ、簡単に妊娠させてしまうんだ。夫婦のスレ違い。男は、自分の都合に合わせて甘えてみたり、自由を求めてみたり。妻と愛人を比較したり。事件の内容よりも、登場人物たちの人間関係の方に気がとられてしまった。爽香も、これから忙しくなることで心を亡くしてしまうのでは…スレ違いが生じるのでは…と思ってるだろうな。三十路を前にした爽香の普通の女の不安を抱えているのかも…。

2014/11/08

セウテス

〔再読〕シリーズ第15弾、爽香29歳の秋。爽香は会社の新しいプロジェクトの立ち上げの為、多忙な毎日を送っている。そんな爽香の体を心配してくれる英子さんも居るのだが、本当に限界が近づいているのでは、と不安になる。今回は刑事から事務職に替わっている河村、まず不倫相手に子供が産まれる。さらにはある夜ホステス刺殺現場に出くわし、勝手に捜査を始めてしまう。爽香は相も変わらず、他の人の問題と事件の間で休む暇すらない。それにしても、当たり前の普通の大人という男が、何故こうまで居ないのか、いい加減にしろと叫びたくなる。

2016/09/10

siro

続けて15作目。みんな爽香に頼りすぎ。特に充夫は何回も同じ過ちを繰り返しその度に爽香を頼り解決してもらっている。もう!縁を切ったらいいのに。酷すぎる。河村さんもはっきりしないし、明男はフラフラしてるし、今回の事件も言ってみればただの変態男が起こした事件だし。この本の登場人物は男たちが残念な代わりに女性たちは賢くて素敵な人が多い。

2015/10/23

takaC

河村太郎氏はそんなに魅力的な男なんだろうか?名前のせいで木村太郎を連想している自分が間違ってる?

2012/07/21

にゃんみるきー

★★新たな仕事に追われる爽香。一方恩師の布子の夫・河村は、事務職にまわされた辛さから付き合ってしまった早川志乃とのもとに、子どもが生まれていた。仕事と女性関係で悩む河村の前に、刺された女性が現れた。河村は、かつての刑事としての情熱を思い出し、事件を自ら操作する。シリーズ第15弾。 *男より女の方が芯のある小説(笑)今作は河村回でした。

2016/03/26

感想・レビューをもっと見る