読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

東京空港殺人事件 新装版 (光文社文庫)

東京空港殺人事件 新装版 (光文社文庫)

東京空港殺人事件 新装版 (光文社文庫)

作家
森村誠一
出版社
光文社
発売日
2004-03-12
ISBN
9784334736552
amazonで購入する

東京空港殺人事件 新装版 (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

セウテス

〔再読〕羽田沖に墜落した旅客機の、原因究明に携わっていた全日空専務が殺害されます。事故かミスか機体の問題か、利権か因縁か様々な人々の思わくが絡み合います。二重の密室トリックに組織の理論、大きな運命のうねりを感じ引き込まれます。この作品は、森村誠一氏初期の新幹線、ホテル、空港を題材にした三部作の一つです。森村氏の特徴である過去の問題が原因となり、巡りめぐって現在の事件に繋がって行く犯罪の形が見てとれます。正に「因果応報」という森村作品のテーマを表現した最初の一冊であり、森村ミステリーで外せない基本作品です。

2014/09/19

coco夏ko10角

『日本アルプス殺人事件』で空港ホテル殺人に少し触れられてて気になって手に。最初のアラスカでのジェット機墜落から引き込まれその約二十年後、東京湾でジェット機墜落そして空港ホテルでの密室殺人…。それぞれの立場での思惑が絡み合っていき…。いい社会派ミステリだった。

2020/05/08

kanamori

☆☆☆

2011/10/20

じゅり

元祖社会派ミステリーとも言える作品。発表されたのが71年なので、今読むと作風や社会背景等に古さを感じてしまうのは否めないが、☆4つ。

2009/02/18

感想・レビューをもっと見る