読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

亥ノ子の誘拐―塙保己一推理帖 (光文社時代小説文庫)

亥ノ子の誘拐―塙保己一推理帖 (光文社時代小説文庫)

亥ノ子の誘拐―塙保己一推理帖 (光文社時代小説文庫)

作家
中津文彦
出版社
光文社
発売日
2009-12-08
ISBN
9784334747053
amazonで購入する

亥ノ子の誘拐―塙保己一推理帖 (光文社時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sai

塙保己ーという人物を最近知り、図書館の蔵書から見つけて借りてきた。推理よりも保己ー自身の話が興味深かった。

2016/04/15

おかめ

有名な盲目の学者、塙保己一が探偵。友人として根岸肥前守鎮衛も登場。保己一の仕事、来し方、家庭、謎解きといろいろ盛り沢山だが、堅苦しくなく読めて興味深かった。「五月雨の香り」は痛ましい限り。

2015/06/21

すずめ

盲目の天才学者な探偵という設定は面白いと思った。キャラ立ても十分。謎解きネタは少し固いかも?続きが楽しみ。

2009/12/24

感想・レビューをもっと見る