読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

花のノートルダム (光文社古典新訳文庫)

花のノートルダム (光文社古典新訳文庫)

花のノートルダム (光文社古典新訳文庫)

作家
ジャン・ジュネ
Jean Genet
中条省平
出版社
光文社
発売日
2010-10-13
ISBN
9784334752149
amazonで購入する

花のノートルダム (光文社古典新訳文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

刺激的で過激な描写に満ちていました。男娼デヴィーヌとその情夫・ミニョン、ミニョンが拾ってきた美少年・花のノートルダムの愛憎劇が描かれます。ミニョンは途中で姿を消すので実質的にはデヴィーヌと花のノートルダムの物語だと思いました。2人の関係の変化を軸に、社会の底辺で生きる人々を赤裸々に描いた風俗小説とも言えるでしょう。嫌悪感を抱くほどの同性愛の世界を描いていながらも、デヴィーヌの崇高さが際立っているのが印象的です。卑劣を崇高に、悪を聖性に変えた作品。とてつもない奇書であり、感動作でもありました。

2015/08/25

夜間飛行

ジュネを読むと何となく人間が罪と快楽によって磔にされている感じがする。人は与えられた生と性を受け入れるしかないという意味で閉ざされた存在だ。しかしジュネの悪党への愛は、その閉鎖性を逆手に取る。入れ歯を冠にするディヴィーヌや、マネキン殺しから真の殺人を自白して刑死するノートルダムなど、贋物である事を徹底する彼らによって、本物は空っぽとなる。何もない闇の中でそっと芽生えた罪と快楽こそが人を解放するのだ。比喩や隠語の織りなす言葉の宇宙…つまりジュネの作る詩空間の中で、磔にされた人間は真の自由を取り戻すのである。

2014/05/17

HANA

フランスの男娼の話だが、イメージが鮮烈。そこに登場人物の運命の予告や其々の過去、作者の語り等が紛れ込み、読み始めは少々混乱する。メタという言葉がまだなかった頃に発表されたもので、当時この構造はどのような印象を与えたのだろうか。それでも読んでいるうちに奔放な性の反乱が段々と神々しい儀式に変わっていく。実際文中でもディヴィーヌは聖女と化していくし。読んでいるとまるで泥の中から蓮の花が咲くように、泥土が金剛石に変わっていくような感覚、性行為が高貴な宗教的儀式に、犯罪がもっとも純粋な行為に成り代わっていく。

2013/03/31

ω

ぐはっ。。。疲れた…… おかまさんたちの生涯をひたすら美しく崇高、神秘的に書き綴った処女作。「花のノートルダム」を、うまく創り上げられなかった私の読み技のなさのせいかな? 美しいし、ジュネ大好きなんですけど、今は疲労困憊。。。

2019/02/19

Galilei

初めて読んだのは10代、師宣や北斎の春画を見たほどの衝撃だった。堀口大学の翻訳で、ありとあらゆる悪事、悪戯を、漢和辞典にもない画数が馬鹿に多い熟語を用いて表現した。クチに出せない単語ばかりだったので、致し方なかったのだろう。獄中の執筆、この世の汚れの坩堝である囚人たちと甲乙つけがたいジュネ。落ち着きを取り戻してその表現を読むと、研ぎ澄まされた感性に慄く。△フランス映画では、ストーリーが判別できないものや、悪戯をひけらかすものをよく観たが、脳で受け止めず感性だけ。ジュネの活字も絞り出た感性だろう。

感想・レビューをもっと見る