読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

薔薇の奇跡 (光文社古典新訳文庫)

薔薇の奇跡 (光文社古典新訳文庫)

薔薇の奇跡 (光文社古典新訳文庫)

作家
ジャン・ジュネ
Jean Genet
宇野邦一
出版社
光文社
発売日
2016-11-09
ISBN
9784334753443
amazonで購入する

薔薇の奇跡 (光文社古典新訳文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

再読。若者は破壊的行動や破滅への憧れを持つ。見よう見まねでしてみたところで、本当に真からその世界に身を委ねるものは稀で、そこから戻ってこれる者はほとんどいない。ジュネはその稀有な者で、その中でも美しい文章を書く天分に恵まれた奇跡的な一人。男に欲情する男が刑務所に入れば、愛欲にまみれるだけ。多くは泥棒や女衒。その中で、少年であった時に9才の少女を殺した死刑囚は、皆から一歩おかれ、ジュネは彼を夢想のなかで神格化していく。男同士で愛しあってはいても、世間と切り離された中で少しずつ正気を失っていく男たち(続き)

2017/01/06

蓮子

ちょこちょこ読んで何とか読了しましたが、正直に言って私には難しくて文字を追うのが精一杯でした。ジュネ独特の抽象的な描写や思考が散りばめられていて、小説と言うよりは何かの思想、哲学書のようでした。この手の本は読むのに「慣れ」も必要なのかな。また次、再読した時はもう少し理解できるようになっていたい。

2017/01/08

優希

面白かったです。聖と俗が入り混じり、醜悪なのに崇高な世界がありました。「薔薇」と喩えられる美しい囚人たちとの暴力と肉体と性が幻想的に描かれています。同性愛でありながら切なさと爽やかさを感じさせるのは流石ジュネ。スキャンダラスでありながら輝きを放つ稀有な作品と言えるでしょう。

2017/04/22

syaori

「この本で僕が望むのは」「犯罪世界の栄光に服従し、その魅力に支配された嘆かわしい無気力状態から、そして屈辱的などん底の生活からどう解放されたかという、僕の体験を明らかにすることだ」。そうならば、この本は「おぞましい」囚人を美しい薔薇にするジュネの「秘密の領分」の説明書なのかもしれません。同時に「甘美な思い出の靄」の中の少年院を、15年の歳月を通して映し出すフォントヴロー刑務所、そこでかつての少年たちと再び出会い、愛し合い、そして起きる奇跡を語ることが、その神話が作者には必要だったのではないかと思いました。

2018/12/07

タカギ

何を面白がっていいのかわからず、ただ文字を追うだけで最後まで来てしまった。昔のフランスの少年院や監獄が、不衛生で男色家の巣窟だったことはわかったけども。最近の日本の刑務所では、同性愛者は刑務所の風紀を乱すため、違う部屋にされるって何かで読んだ気がする。そうすると柴田よしきの『RIKO』シリーズみたいなことは起きないのね。

2017/02/17

感想・レビューをもっと見る