読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

未来のイヴ (光文社古典新訳文庫)

未来のイヴ (光文社古典新訳文庫)

未来のイヴ (光文社古典新訳文庫)

作家
Villiers de l’Isle‐Adam
ヴィリエ・ド・リラダン
高野優
出版社
光文社
発売日
2018-09-07
ISBN
9784334753849
amazonで購入する Kindle版を購入する

未来のイヴ (光文社古典新訳文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かわうそ

アンドロイドをどのように実現するかのプレゼンテーションがあまりに冗長に感じられるものの、本書のメインディッシュたる最終章の会話と考察のために必要だったのかなと思わないでもない。でも長い。

2018/10/09

ねこにゃん@しばらくつぶ少なめ

厚さ2.5㎝、文庫本としてはかなり分厚いこの本、ほとんどがエジソンと主にエウォルド卿との会話で成り立っている。哲学的、精神性、理想の恋愛…19世紀の知識層はこんな事を日々考えていたのか?美しい容姿に貧しい心を持つアリシアとの恋に絶望したエウォルド卿の心ををエジソンが理想のアンドロイドで救おうとする物語、幕引きは残念な形でした。今回は新訳での出版ですが1886年に発表された作品、戦前の日本でも熱気を持って迎えられていたとか。全然知りませんでした。読みにくかったけれど面白かったです。

2018/11/11

ころこ

我々が考えるアンドロイドは、製作の段階で似せる対象が決まっており、その対象以外にはなり得ないはずです。本作では、似せる対象がアリシアという美女で、似せる前段階のアンドロイドにハダリーという名前が付いています。前段階でアンドロイドのメカニズムを説明したり、なぜアンドロイドをつくるに至ったかといったエジソンとエウォルド卿の会話が延々と続き、いつまでたってもハダリーがアリシアになりません。全6章中、アリシアが登場するのは6章のみで、我々はハダリーに愛着がわいてきて、彼女に人格があると錯覚します。興味深いのは、危

2018/09/24

北風

イヴやアリスという名前には誰もが夢を見すぎる。機巧のイヴから題名に惹かれて手に取ったけれど、SF、なのか!? 生身の女性を憎しみの対象に、その時代の文化なのか女性蔑視から理想の女性・人造人間を生み出す、とはとてもじゃないがSFとして受け入れられない。内容も女性への愛憎、人造人間の仕組みなど、挙げ句SFどころか心霊現象。SFとして受け入れられない! 最後の結末は、……あれはこの長い内容なだけあって、受け入れられた。

2018/11/27

猫丸

古典であるから、21世紀標準で言えば女性蔑視を始めとする瑕疵をあげつらうこともできるが、それらはすべて措く。天然自然の愚劣な精神と、人工物ではあるが高貴な精神表現、さあどちらを取るか? チューリングテストを想起しよう。人工物であることが伏せられていれば、単により好ましいのはどちら?になってしまうから、あらかじめ機械は機械と知った上でないと勝負にならない。それでも機械を取るか? だが、AI搭載のハダリーと比較してそれでも欠陥のある人間がいいんだ、とする論拠は驚くほど乏しい。話はどうも独我論に収束する予感。

2018/11/21

感想・レビューをもっと見る