読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

シェリ (光文社古典新訳文庫)

シェリ (光文社古典新訳文庫)

シェリ (光文社古典新訳文庫)

作家
Sidonie‐Gabrielle Colette
シドニー=ガブリエル コレット
河野万里子
出版社
光文社
発売日
2019-05-14
ISBN
9784334754013
amazonで購入する Kindle版を購入する

シェリ (光文社古典新訳文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

時代背景と当時の貞操観念などを知らないとちょっとコメントできないかも。解説でも主人公の職業「高級娼婦」について触れていますがまだ自分の知識が足りない。久しぶりに海外文学を読もうとするとこれだから困る(自分の無知さ加減に)。まあ知らなくても恋愛小説として楽しめるんですが、わかっていればもっと面白くなったのがうっすらわかるだけに残念です。

2019/05/22

アキ

49歳高級娼婦レア1912年パリ。正に印象派の画家たちが生きた世界。24歳年下のシェリとの6年に及ぶ付き合い。まるで印象派のような明るさと色彩の豊かさ。シェリが親公認の19歳エミリと財産目当ての結婚をしたが若い妻との言い争いからしばらく家を出るシェリ。一方シェリの結婚で老いも感じるレアはひとり南仏へ。再開したシェリとレアの愛と愛しているが故の憎悪が入り乱れ物語は一気にクライマックスまで怒涛のように読ませる。ラストのシェリの後姿がレアへの想いを告げていた。現代でも通じる男女関係あるある。鮮やかに描いてます。

2019/10/17

プル

コレットの映画を観て、コレット作品の特徴を古典文学イベントで聴講し、そこで手に取った本。この時代、女性がコレットの本に夢中になり、作品に出てくるおしゃれをコレットが表現し、読者は真似をする。コレット旋風である。訳者の解説もあるように、この時代に色を表現できる作家は女性ならではの視線の作品だったのだろう。そして、この内容の一部は私小説ともいえる部分も含んでいる。美しさだけが全ての価値観を持つ女性が描けるのもこの時代ならでは。吐息の中だけで生きていくような生活、女性のときめき感を携えている作品です。

2020/03/20

tsu55

49歳の元高級娼婦と25歳の青年の恋。 美青年をペットみたいに傍に置いておきたいという願望は、わかるようなわからないような。 舞台はベルエポックのパリ。豪奢で怠惰な雰囲気と素敵なファッション。談笑しながらジャブを繰り出す女性同士の会話など、楽しめる要素がちりばめられたスタイリッシュな作品。終盤にかけて畳みかける展開は圧巻ですね。

2020/10/18

erierif

49才の高級娼婦(この場合は美貌、教養、嗜みを備えた理想の女性。日本でいえば花魁や芸者から引退した粋な人に近い。)25才の美貌の青年。普通であれば若い女性の容姿を執拗に描くところを美しい青年の肉体を舐めるように描いていて面白い。(脳内ではティモシー・シャラメだった笑)普段いかに女性や少女の肉体を人格を無視して描いているか気がつく。そういうフェミニズム的な部分もあるけれど、後半にうまく若さ美しさ⇄老い醜さと対比していてうまい。そういった技巧のわざとらしさが無く、悲しい最後をむかえため息とともに読み終えた…

2019/10/26

感想・レビューをもっと見る