読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戦争と平和3 (光文社古典新訳文庫)

戦争と平和3 (光文社古典新訳文庫)

戦争と平和3 (光文社古典新訳文庫)

作家
レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ
望月哲男
出版社
光文社
発売日
2020-09-09
ISBN
9784334754327
amazonで購入する Kindle版を購入する

戦争と平和3 (光文社古典新訳文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

molysk

妻を失って鬱屈の日々を過ごすアンドレイは、ナターシャと出会い、再び人生に幸福と希望を見出す。一年後の結婚を約して、療養の旅に出たアンドレイを待つナターシャ。だが、一年の別離はあまりに長かった。誘惑の声が忍び寄り、ナターシャは心を乱される――。ロシアの大地が育んだ、美しく活力に満ちた娘として描かれるナターシャ。対して、ナターシャを誘惑する貴族は、外見は洗練されてはいるが、内実は軽薄だ。当時、ロシアの貴族文化は、フランスを範としていた。ロシアとフランスの対比は、迫りくるナポレオンのロシア侵攻を予感させる。

2021/12/19

中玉ケビン砂糖

感覚としてはようやく折り返しという印象。長く尾をきらめかせ、ロシアの星空を光で切り裂く巨大彗星。ラストで描かれるこの印象的な光景は、果たしてロシアにとっての吉兆か、それともフランス軍にとっての凶兆か? それを目の当たりにすることになるピエールはますます陰鬱と内省の度を強めていき、結社活動にのめりこみ、神秘主義や数秘術に傾倒していく。子を託されたアンドレイは空虚な仕官業務をなおざりにしつつ抜け殻となっていたが、ある瞬間に生きてあることの当たり前な奇跡に活を見出し、

2021/01/24

kazi

初読の時は大量の登場人物に振り回されて何がなんやらだったが、読みやすくなった新訳のおかげで人間関係が整理できてストーリーがやっと頭に入ってきた感じです。三巻はナターシャの恋愛話が多くのページ数を占めますね。ナターシャが初めて参加する本格的な舞踏会。壁際で緊張しなが悲しそうに佇むナターシャをダンスに誘うアンドレイ公爵。何その少女漫画的展開!?イケメン!!公爵をナターシャに引き合わせたのはピエールだったのね~。いい奴やん。この舞踏会のシーンは当時の上流階級の華やかな文化が描かれており大変興味深いです。

2020/12/26

きゃれら

この巻は、ホームドラマ風味多し。途中ちょっとかったるいかなあと思っていたら、物語のヒロインというかアイドルのナターシャを巡る怒涛の展開に手に汗握る羽目に。寸暇を惜しんで読みながら、この作品は、いわゆる大河ドラマ(NHKのあれだけではない)のお手本になってるんだろうなあと思った。ドラマ作りがうま過ぎる。外出先で次巻を購入し、ダウンロード。💦

2021/09/26

sine_wave

戦闘シーンはなく、家庭生活が中心になっている。特に印象に残ったのは、ボルコンスキー家のアンドレイがロストフ家のナターシャと婚約したが、こともあろうに一年間外国へ行き結婚は1年後とした。これは破綻が十分予想できた筈。

2020/10/07

感想・レビューをもっと見る