読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戦争と平和3 (光文社古典新訳文庫)

戦争と平和3 (光文社古典新訳文庫)

戦争と平和3 (光文社古典新訳文庫)

作家
レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ
望月哲男
出版社
光文社
発売日
2020-09-09
ISBN
9784334754327
amazonで購入する Kindle版を購入する

戦争と平和3 (光文社古典新訳文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

中玉ケビン砂糖

感覚としてはようやく折り返しという印象。長く尾をきらめかせ、ロシアの星空を光で切り裂く巨大彗星。ラストで描かれるこの印象的な光景は、果たしてロシアにとっての吉兆か、それともフランス軍にとっての凶兆か? それを目の当たりにすることになるピエールはますます陰鬱と内省の度を強めていき、結社活動にのめりこみ、神秘主義や数秘術に傾倒していく。子を託されたアンドレイは空虚な仕官業務をなおざりにしつつ抜け殻となっていたが、ある瞬間に生きてあることの当たり前な奇跡に活を見出し、

2021/01/24

kazi

初読の時は大量の登場人物に振り回されて何がなんやらだったが、読みやすくなった新訳のおかげで人間関係が整理できてストーリーがやっと頭に入ってきた感じです。三巻はナターシャの恋愛話が多くのページ数を占めますね。ナターシャが初めて参加する本格的な舞踏会。壁際で緊張しなが悲しそうに佇むナターシャをダンスに誘うアンドレイ公爵。何その少女漫画的展開!?イケメン!!公爵をナターシャに引き合わせたのはピエールだったのね~。いい奴やん。この舞踏会のシーンは当時の上流階級の華やかな文化が描かれており大変興味深いです。

2020/12/26

きおくあたま

昔の貴族ってこんな感じだったんだろうなと思い、不労所得者たちは仕事しなくても良い半面、同じことでずっと思い悩まなくてはいけず、それしかすることもなく、それもまた辛いことかとも感じた。キーパーソンはピエールかな。

2020/11/01

sine_wave

戦闘シーンはなく、家庭生活が中心になっている。特に印象に残ったのは、ボルコンスキー家のアンドレイがロストフ家のナターシャと婚約したが、こともあろうに一年間外国へ行き結婚は1年後とした。これは破綻が十分予想できた筈。

2020/10/07

hexia

アンドレイ公爵はナターシャに求婚するが、父の命令通り式は一年後として保養の旅に出る▼乙女にとって一年は長く、心は乱れる。アナトールに惹かれてしまうのも仕方のないことだが、そもそもロストフ伯爵夫妻が危惧した通り、この結婚は破綻が見えていた。トルストイは、こういう確定破綻の恋愛話を書くのが本当に上手い▼そして要所々々で登場するピエール。風変わりでうっかり者だが黄金の心を持つこの男がナターシャと友人になるシーンがまた美しい▼1812年といえば祖国戦争である。ラストの彗星は吉兆か凶兆か、続きが楽しみでならない

2021/01/23

感想・レビューをもっと見る