読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

肌色のポートレート: 杉原爽香〈41歳の秋〉 (光文社文庫)

肌色のポートレート: 杉原爽香〈41歳の秋〉 (光文社文庫)

肌色のポートレート: 杉原爽香〈41歳の秋〉 (光文社文庫)

作家
赤川次郎
出版社
光文社
発売日
2014-09-11
ISBN
9784334767952
amazonで購入する Kindle版を購入する

肌色のポートレート: 杉原爽香〈41歳の秋〉 (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

takaC

爽香の27年を的確になぞりながら今回の話にはほとんど何も触れていない山前譲さんの解説は傑作と言っても良いかな。本編を読む前に読むのが良い。

2014/10/17

あつひめ

爽香、明男。夫婦なんだけど夫婦を超えた関係のようだな。他の人たちと同じ仲間って色がどんどん強くなっていく。危ないことに巻き込まれながら、頭の回転の良さをフルに使って今回も事件を解決していく。明男の優しすぎる性格が次回作でアダにならなければ良いが。

2015/05/31

takaC

宣伝文句は「登場人物たちが年齢を重ねる大好評シリーズ」だが、その実態は「登場人物たちが業を重ねるシリーズ」である。第27弾の本書の解説は怪作。

2015/03/31

itoko♪

相変わらずの 巻き込まれ体質というか、自ら 厄介事に関わってしまう質、というか。知り合いがどんどん増えていき、携帯の電話帳のメモリー、すごいんだろうなぁ~って、変なところが気になってしまう。そして、夫の明夫がモテすぎることも。このシリーズの着地点はどこなんでしょうか?以前のように年に一度の このシリーズを楽しみに思えなくなってしまったわ。

2014/09/15

なな

このシリーズは ほんとに救いようのない明夫やその他もろもろのおかげで いつも気持ちが滅入るけど 特に今回はそれが鼻についてしかたなくて 読みながら嫌な気分になってしまう。登場人物が歳を重ねるように 私も重ねてきたせいかなあ。もう読むのはやめようかとちょっと悩む。爽香に幸せになってほしいなあ。。

2015/03/23

感想・レビューをもっと見る