読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

獅子の門 朱雀編 (光文社文庫)

獅子の門 朱雀編 (光文社文庫)

獅子の門 朱雀編 (光文社文庫)

作家
夢枕獏
出版社
光文社
発売日
2018-07-11
ISBN
9784334776886
amazonで購入する Kindle版を購入する

獅子の門 朱雀編 (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

matsu04

赤石と志村の闘いは凄惨で鬼気迫るものがあった。しかし何といっても彦六・久我戦が凄過ぎる。だが武志の度を超えた強さも全く尋常ではない。う〜む、いやはやこれはキリがない。引き続き次巻へ。

2019/08/29

daikishinkai

久我重明よりも、羽柴彦六の方が怖いかもしれない。

2020/12/16

松田悠士郎

久々に読んだ続巻。以前から思っていたんだが、獏さんってプロレスラーには妙な幻想を抱いている様だが、プロレスリングそのものに関しては変に達観しているというか、一種のペシミズムみたいなものを感じる。プロレスだけでなく「興行」に対してかも知れないが。あと、やっぱりビックリ人間ショーっぽくなるんだよな。

2019/05/16

読書箱

重明強すぎ

2019/04/13

感想・レビューをもっと見る