読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゆめかない膳: 南蛮おたね夢料理(七) (光文社時代小説文庫)

ゆめかない膳: 南蛮おたね夢料理(七) (光文社時代小説文庫)

ゆめかない膳: 南蛮おたね夢料理(七) (光文社時代小説文庫)

作家
倉阪鬼一郎
出版社
光文社
発売日
2018-07-11
ISBN
9784334776930
amazonで購入する Kindle版を購入する

ゆめかない膳: 南蛮おたね夢料理(七) (光文社時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タイ子

南蛮おたねシリーズ第7弾。いつもと変わらぬにぎやかで美味しそうな料理が並ぶ夢屋。いや、変わったことが一つ。おたねに女の子が生まれてますます賑やかに。かつては大地震や豪雨に見舞われた江戸の町を現代に置き換えることもできる人々の営みの風景。そこで助け合って生きている人々の姿を料理と絆で読ませることで何だかホッとすることもある。史実を織り交ぜているので歴史上の人物を学ぶこともあって興味深い。幕末に入り混乱する江戸の町と夢屋の行く末をもっと見届けていきたい。

2018/09/02

名前が、一緒なので、彼女の第一子と、我が家の第二子(イヌ)が。先代犬の言葉に感じたり、2代目のイヌに置き換えたり。名前って面白いですね。

2019/12/21

メルル

今回は新しい命の誕生があったせいでしょうか、割りとほのぼのと温かい雰囲気で物語が進行。いつも苦難が訪れる印象だったので、子の誕生など大きな出来事があるだけに、また何か悪いことが起こってしまうのではと心配していたが、少しほっとした。この物語で売りの南蛮料理が薄かったような…。ゆめかない膳は縁起物や洒落好きの江戸っ子らしい思い付き。四葉のクローバーもいいけど、料理自体に南蛮料理を入れて欲しかった。

2018/08/26

新たな命の誕生で、終始ほのぼの。平々凡々が幸せですね

2018/12/06

まはな

(図書館)新しい命が誕生してなんとなく幕引き感がありますが、きっとまだ続くのだろう・・・ 象山先生は実在のひとなのでそろそろ確かに解放されるけど、暗殺されちゃう人じゃなかったっけ?? どのあたりまで続けるのか・・・ ちょっとすぐに読む感じじゃなくてもいいかなと思うので次出てもちょっと置いとこうと思います。

2018/08/05

感想・レビューをもっと見る