読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

花氷: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)

花氷: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)

花氷: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)

作家
松本清張
出版社
光文社
発売日
2018-09-11
ISBN
9784334777180
amazonで購入する

花氷: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミーコ

ブックオフにて購入。ねっとりとした作品でした。粕谷の人を人とも思わない 利用出来る者は全て利用して切り捨てる 嫌悪感しか感じません。それなのに何故、女性は惹かれるのか不思議でした。結末は、まあまあですが嫌な気持ちが消えない作品でした。

2020/05/11

Ryoko

久しぶりに松本清張の小説を読んだ。昔はすごく好きだった。松本さんの小説に出てくる今の言葉で言えばサイコパス。この小説も自分が大金を手に入れる為に女を利用する、悪知恵を働かせるサイコパスの男が主人公。どこで主人公がつまづくのか、破滅するのかと読み進めた(松本さんの小説は悪人は最後に必ず破滅するから) ラストはやはり主人公の一攫千金は叶わない。悪人は徹底的に破滅するストーリーだからスカッとするかな。たまに読みたくなる。松本さんの小説って。

2019/11/14

えむえいち

腐敗した政治の世界に吐き気がしました。

2019/01/31

くりたろう

国有地売買をめぐる悪人の話。 悪いことはできません。

2019/01/03

感想・レビューをもっと見る