読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

木枯らしの: 吉原裏同心抄(四) (光文社時代小説文庫)

木枯らしの: 吉原裏同心抄(四) (光文社時代小説文庫)

木枯らしの: 吉原裏同心抄(四) (光文社時代小説文庫)

作家
佐伯泰英
出版社
光文社
発売日
2018-10-10
ISBN
9784334777289
amazonで購入する

木枯らしの: 吉原裏同心抄(四) (光文社時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

吉原裏同心シリーズの最新刊です。相も変わらないかっこよさを見せつけてくれます。今回は吉原会所頭取に対して南北両奉行から圧力がかかります。その裏には、ということでいつもながらの話になるわけですが私は全く飽きが来ません。このような本とコミックでストレス(あまりないのですが)を解消しています。犬の家族が増えて女系家族がさらに・・・。楽しめました。字が大きいのも読んでいて楽ですね。

2018/11/07

とし

吉原裏同心抄「木枯らしの」4巻。吉原存亡の危機、幹次郎さん会所を辞し柘榴の家も去る決意で吉原を守るため、非人頭弾左衛門と車善七の力を借りる、吉原最大の危機でしたね。女裏同心嶋村澄乃さんも力を付けてきて、桜季も立ち直れそう・・・そろそろ完結に向かうのか。

2019/05/27

初美マリン

大事になり、これで完結かと思ったが、あとをひいています

2019/04/28

吉原乗っ取りの騒動を解決すべく奔走。これで完結しそうな雰囲気に違う意味でドキドキ

2019/07/03

冴子

今回は久しぶりに幹次郎さんの剣が冴えました。いつも明るい佐吉さんに振りかかった不幸を、我が身を省みず挑む姿はカッコいいが、最後にちょっと新たな展開を予感させ、ドキドキ。新たに加わった猫の地蔵ちゃんも可愛い。

2019/12/10

感想・レビューをもっと見る