読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キッド・ピストルズの慢心: パンク=マザーグースの事件簿 (光文社文庫)

キッド・ピストルズの慢心: パンク=マザーグースの事件簿 (光文社文庫)

キッド・ピストルズの慢心: パンク=マザーグースの事件簿 (光文社文庫)

作家
山口雅也
出版社
光文社
発売日
2019-01-10
ISBN
9784334777609
amazonで購入する Kindle版を購入する

キッド・ピストルズの慢心: パンク=マザーグースの事件簿 (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

geshi

『キッド・ピストルズの慢心』キッドがなぜ謎解きをするのかのイントロダクション以上にはなっていない。『靴の中の老婆』トリックから犯人への一直線で普通のミステリすぎる。誤魔化しの装飾は成程。『さらわれた幽霊』幽霊がさらわれるというアイデアもプロットも良いんだけど演出がオーソドックス。『執事の血』膝カックンな茶番に一度着地してからラストで一捻りする展開は好み。『ピンク・ベラドンナの改心』SMペダントリーそのものが面白く、その精神性が謎解きと密接に絡んできて一番出来のいい作品。

2019/03/15

ポップ

シリーズ4作目。キッドとピンクが首都警察入りするきっかけとなった事件に生い立ちを交え、自ら語り出す。貧乏な労働者階級の子供にパンク精神が発芽した最初の謎解き「キッド・ピストルズの慢心」はキッドの歪な反骨心の糧となる。ピンクが自由奔放な生き方に見切りをつけた「ピンク・ベラドンナの改心」にフェチの沼を見た。本作で1番のお気に入りは「執事の血」。≪最後の偉大な執事≫の館を尋ねた一行は不自然にもてなされ、伯爵と晩餐の合間にかわされた執事論に違和感を抱く。ワインに負けず劣らずイギリス人の血にも深みはあるのだろうか。

2021/06/26

コチ吉

「靴の中」トリックは途中で分かったが、最後まで細かい芸が光る。「さらわれた」マザーグースの歌が大きなヒントになっているが上手く目眩ましされている。「執事」早い段階で仕掛けには気付いたが、ラストの不穏さが堪らない。そして最初と最後にキッド達の思い出の事件を配して価値ある一作。

2019/06/09

ふぃすか

第3弾ー。ここまでは旧版で既読。「キッド・ピストルズの慢心」独学のレベルが高すぎる。鬱病患ってる人に言ったら一発KOかもしれないけれど、私には効果なしでした。「靴の中の死体」ピンクは一応お手柄なんだろうけど褒められたものではない。キッド受難の日? 「さらわれた幽霊」毒親の極みってやつ? 「執事の血」キッドの想像当たってるんだろーなー。…未遂で済むといいね。「ピンク・ベラドンナの改心」おお、ちゃんとピンクが探偵してる…!(オイ) 色々とろくでもない犯人だったなぁ。犯人じゃなくてもろくでもないというね…。

2019/01/18

花嵐

★★★☆☆ キッド・ピストルズシリーズ短編集。今作ではキッドとピンクの生い立ちについてもそれぞれの口上で語られている。謎解き要素はミステリなので勿論あるのだが全体的に濃くはなく、キッドとピンクというキャラクターの魅力の幅をひろげるという要素の方が強い感じはした。特にキッド最初の事件と銘打たれた、表題作でもある「キッド・ピストルズの慢心」を読めばキッドを更に好きになるだろうと思う。何だかんだいってキッドは正義感が強いいい奴だよねぇ。

2021/09/28

感想・レビューをもっと見る