読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

シマコの週刊!?宝石 (光文社文庫)

シマコの週刊!?宝石 (光文社文庫)

シマコの週刊!?宝石 (光文社文庫)

作家
岩井志麻子
出版社
光文社
発売日
2019-01-10
ISBN
9784334777906
amazonで購入する

シマコの週刊!?宝石 (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

真香

伝説の週刊誌「週刊宝石」を愛してやまない著者が、復刊を画策。数々の名(迷)企画の今だから言える裏話を、往時の関係者達と語り尽くす。”あなたの胸を見せてください”や”OLの性”などの際どい企画もあれば、”オウム真理教のサティアン潜入ルポ”や”女子刑務所の実態調査”などの硬派な企画もあり、なかなか興味深い。廃刊になってなければ一度読んでみたかったかも…

2019/12/29

くさてる

わたしもぎりぎり覚えている「週刊宝石」。そこの名物コーナーだったエロ系ネタの数々を振り返りながら、志麻子ちゃんが編集者たちとぶっちゃけトークを楽しむ構成です。昭和の下品ってほんとうにこんなんだったな!と思い出しました。ただ、そんな中でちらっと垣間見える志麻子ちゃんの人間観察眼の鋭さや、わずかによぎる怖さや抒情みたいなものがあると、やっぱり志麻子ちゃんの小説が読みたくなるのです。どうぞよろしくお願いします。

2019/05/05

チョビ

あのVERYを出している光文社の伝説的週刊誌「週刊宝石」の投稿常連だったしまんこちゃんも今では「小説宝石」の姐さんとして幅をきかせている。その悪ノリで当時の思い出の企画を週刊宝石ゆかりの方々と飲み会でダベるだけのもので、しまんこと愉快な仲間たちが企画復活させた訳ではありません、てか平成も終わろうとしてるところにこれらの企画はムリ!てなくらいお下劣ですが、これくらいやらないから本が売れないのではと言いたくなる自分は昭和すぎ?

2019/04/13

ももの木

5時に夢中のプレゼント企画で当たったサイン本。 作品自体は、以前に書かれたものをまとめたもの。 さらっと読む分には面白い。 だけど個人的には、そろそろ初期のおどろおどろしい長編が読みたいな。 ヒョウおばさんではなく、ミステリーホラー作家であることを思い出させて欲しい。

2019/02/12

ねくろう

「オゲレツ」とは何か!?  その答えが、この一冊に詰まっている!! ……気がしたが気のせいかもしんない。

2020/01/24

感想・レビューをもっと見る