読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヒキタさん! ご懐妊ですよ (光文社文庫)

ヒキタさん! ご懐妊ですよ (光文社文庫)

ヒキタさん! ご懐妊ですよ (光文社文庫)

作家
ヒキタクニオ
出版社
光文社
発売日
2019-05-14
ISBN
9784334778491
amazonで購入する Kindle版を購入する

ヒキタさん! ご懐妊ですよ (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

結婚したら子供がいる生活も当たり前だと思ってはいけない。欲しいときに出来るとは限らない。持たぬ人、出来ぬ人。結婚だけが全てでもないーこれはヒキタクニオ氏の『そして、父になった』男性から見た不妊治療ドキュメント5年と言う歳月にお金もかかる。それでも子供が欲しい。産んだからには責任もって育てるのみ。親馬鹿ちゃんりん、空ちゃんはすくすく成長8歳だそうだ。そうか、これは映画化されて、松重さんと北川さんなのか!そっちも気になるところだ。

2019/09/24

ゆきらぱ

男性作家の珍しい不妊治療記。書かれているのは大変な毎日である。ご夫婦の間が強い信頼で繋がっているのを感じる。ここまで詳しく書かれていると貴重な書物という気がした。と同時に、ご夫婦に対してちょっと違うなという思いもたまにあった。なんかちょっとズレている。なんか周囲の人々の思いがこの2人に伝わっていないのではと思う時がある。特にヒキタさんは周囲には素のままぶつかるが、妻には非常にデリケートに接する。アンバランスでした。 赤ちゃんの写真が神々しかった。

2021/08/15

カブ

松重豊、北川景子で映画化、10月公開!不妊治療を「懐妊トレーニング」と前向きなことばで表し、夫の目で描く。もっとコミカルな感じなのかと思っていましたが、途中悲しいことがあったり、何度もチャレンジするドキュメントです。

2019/06/22

ケー

久しぶりに心の芯まであったかくなる本に出会えた。高齢出産のドキュメンタリー。女性から見た出産をテーマにした本といえば川上さんの『きみは赤ちゃん』があるけれど、本作は男性目線から見ているので同性の自分としてはより共感というか、より子どもをつくるっていうことがジワッときたというか。いや、結婚すらしてないんですけどね自分。不妊治療に関するルポが主になるのでお金の話も結構シビア。でもそれを乗り越えたヒキタさんの幸せそう顔が浮かぶようでした。誰にでもオススメできる一冊です。

2020/05/23

フロッグ

松重豊さん主演の映画が気になり原作を読んでみた。男性側の原因による不妊治療のドキュメンタリー? 女性側の話しかあまり聞かないので、リアルな現場を知ることができた。結婚も妊娠もまーったく予定ないですが、勉強になりました。

2020/01/27

感想・レビューをもっと見る