読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

誘拐捜査 (光文社文庫)

誘拐捜査 (光文社文庫)

誘拐捜査 (光文社文庫)

作家
緒川怜
出版社
光文社
発売日
2019-10-10
ISBN
9784334779153
amazonで購入する Kindle版を購入する

誘拐捜査 (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

えみ

自責の念に苛まれ続けた楢橋の心は果たして救われたのだろうか。長い後悔と諦める訳にはいかなかった怒り。20年…姪の誘拐事件の先にどんな真実が隠されていたのか。知りたいという欲求を見事に満たした3つの時代の誘拐事件。全く関係の無いと思われていた幾つもの点が繋がって、やがて一本の線になる。現金窃盗に殺人事件、死刑廃止論と刑務官の自殺、暴力団抗争に児童虐待。そして冤罪疑惑。それらの背後に見え隠れするのは誰かの保身と思惑、そして悪意。犯人は誰?誘拐事件の被害者は何処にいる?伏線回収で裏切らない一冊。単行本を再読。

2020/05/16

ま~くん

14年前の姉妹殺害事件。犯人には既に死刑判決が下されていた。そんな中、別の少女誘拐事件の犯人から母親にメールが送られてくる。内容は14年前の事件の真犯人しか知り得ない重要な情報だった。複雑に絡み合う事件の真相を刑事達が執念の捜査で解き明かしていく。多少、強引なストーリー展開な感じもしたが、誘拐モノでは重量感タップリの良作。 又、楽しみな作家に出会えました。

2020/01/09

いのうえ

締切に追われていて時間がなかったのかな?と思ってしまう完成度……。話がムダに複雑な割に、人物の書き込みが平板でありリアリティに欠ける。最初の100ページぐらいは面白かったのだが、進むに連れてどんどん読むのがつらくなっていく。悪い意味で。

2020/04/14

めめぞう

★★★☆☆

2020/01/17

感想・レビューをもっと見る