読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おくりびとは名探偵 元祖まごころ葬儀社事件ファイル (光文社文庫)

おくりびとは名探偵 元祖まごころ葬儀社事件ファイル (光文社文庫)

おくりびとは名探偵 元祖まごころ葬儀社事件ファイル (光文社文庫)

作家
天野頌子
宮崎ひかり
出版社
光文社
発売日
2019-12-10
ISBN
9784334779511
amazonで購入する

おくりびとは名探偵 元祖まごころ葬儀社事件ファイル (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

一華

「お母さんを殺してしまった」という何者かの独り言を聞いてしまった実家の葬儀社でバイトする売れない作家の和馬が、眉目秀麗な僧侶の翠芳と共に犯人探しに乗り出す…亡くなった資産家、容疑者でもある息子たち三兄弟、そして、その妻たちの人物像の描かれ方も、テンポもよく、楽しく読めた。和馬と翠芳コンビの短編集でもよかったかな…

2020/02/08

さくさくと♪大奥様の存命時のエピソードが読みたいキャラでした、憧れのイカシタババァ(^^)読後感は、温かかったです。

2020/01/14

ちげー

面白くて一気に読んでしまいました。 最後はハッピーエンドで良かった。 こーゆーほのぼのとした事件はいいなー。 少しだけ最後は心がほっこりしました。

2020/11/28

山猫

「お母さんを殺してしまった」というあの有名ミステリーを思わせる台詞で始まるあれやこれやだが、天野さんにこの手の作品は無理。葬儀前の「不寝番」のことを「故人に『添い寝』」(=一つ夜具で寝ること)なんて書かないでくれ❗️チベットスナギツネ顔なんてこれ読むまで知らなかったよ(笑)

2020/03/26

ルシュエス

帯のコピーが「謎解きは葬儀の裏で」…ディナーのパクリっぽいので大丈夫なの?; グループの会長をしている女性が亡くなり、息子三兄弟には動機が…。 遺産相続絡みものですが、主人公が探偵役をしたい売れないミステリ作家で、軽い推理と文章で進みます。 最後は丸く収まるのですが、名探偵はいないかと。

2020/04/20

感想・レビューをもっと見る