読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

探偵さえいなければ (光文社文庫)

探偵さえいなければ (光文社文庫)

探偵さえいなければ (光文社文庫)

作家
東川篤哉
出版社
光文社
発売日
2020-01-09
ISBN
9784334779580
amazonで購入する Kindle版を購入する

探偵さえいなければ (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Akihiko @ VL

東川篤哉さん13冊目の読了。烏賊川市シリーズ8作目。短編ひとつひとつもさることながら、何よりもまず巻末の解説が素晴らしい。"探偵さえいなければ" このタイトルに隠されたもう一つの伏線を、まさかここで明らかにされるとは思いもよらなかった。考えてみればあまりにも東川さんらしいと言えばらしい単純なブラックジョークに気付けなかったことが悔しい。これは不肖、烏賊川市市民として誠に遺憾であると言わざるを得ない。"探偵"がこんな立ち回りをしても許されるのは本シリーズだけであって欲しいと心の底から思うそんな私である。

2020/02/09

かめりあうさぎ

烏賊川市シリーズ第8弾。短編5話収録。そのうち3話は倒叙モノ。相変わらずのギャグセンスであっという間に楽しく読了しました。このシリーズは一人称の心の声が非常にコミカルなので、倒叙モノがハマるなぁと思います。ユーモア部分に隠れがちですが、ミステリ部分はしっかりしていて結構難問揃いだった印象。朱美さんと流平くんもでてきて、変わらない烏賊川市がそこにあることがうれしい。いやぁーしかし完全犯罪って、やっぱり難しいものですね。シリーズ長く続いて欲しいものです。

2020/02/25

nayu

犯罪大国烏賊川市。探偵さえいなければ。     犯罪天国烏賊川市。探偵さえいなければ。     ユーモアミステリの急先鋒!     ユーモアミステリの大御所!     たっぷり面白かった。

2020/02/24

bayashi

ゆるいんだけどぬるくはない。「被害者によく似た男」とか超しっかりしてる。マリーの方も読んで思うのは、この作者、倒叙ミステリが合ってるのではあるマイカ。

2020/02/02

ハゲおやじ

ごぶさたの作家。鵜飼だけでなく他のメンバーも もうちょっと出てくる事を期待していたけど、これはこれで有りかなぁ。「烏賊川市シリーズ」って事だからねぇ。読まれた方が大方書かれている様に”ゆる~い”感じが定番で今回も健在。私には合っている。でも「ゆるキャラは…。」は、ちょっとくどいので イラッ!っとなったのは、コロナショックのストレスかなぁ(やれやれ)。とはいえ ”ローレックス”は笑ったし、”頭の恰好”には逆転の発想で面白かった。いつまでも続いて欲しいシリーズと私は思う。

2020/04/28

感想・レビューをもっと見る