読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

女湯のできごと (知恵の森文庫)

女湯のできごと (知恵の森文庫)

女湯のできごと (知恵の森文庫)

作家
益田ミリ
出版社
光文社
発売日
2006-03-07
ISBN
9784334784096
amazonで購入する

女湯のできごと (知恵の森文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

銭湯をテーマにしたコミックエッセイ。銭湯未経験なのでとても興味深いものでした。たぶん大阪の銭湯だからというのもあるけれど、来ている人同士の挨拶とか、番頭さんとのやりとりが良いなぁと思います。あと、飲み物や漫画の取り合い等子供ならではのあるあるも、きっと共感する人が多いと思います。

2017/06/04

AKIKO-WILL

女湯での出来事。益田ミリさんは、幼少から20代の上京する前まで銭湯に通った日々で感じたことを書いています。思えば、銭湯に行ったことない。いや、大江戸温泉や温泉ならあるけどまた銭湯と温泉は違うのか?前に銭湯の女湯と男湯の壁に書いてある富士山が違うと聞いた事あるけど。銭湯には、電気風呂なんてあるんですね。あとぶら下がり健康機も!そして、風呂上がりにはフルーツ牛乳!懐かしいよりも新鮮な気持ちで読めました。怖いけど気になる電気風呂。ビリビリするのか?銭湯は未知な世界でした。

2016/06/10

りゅう☆

小さい頃から大人になるまで銭湯通いしていた益田ミリさんの女湯に関するエッセイ。子供の頃に感じた大人の女性(おばさん)への疑問や、女湯での様子にうん、うんとうなずけたり、マンガでほっこりさせられた。なんだか昭和を感じて懐かしい気分になった。読むと銭湯に行きたくなる1冊です。

2014/09/07

たーさん(^-^)

さらっと読めました(^з^)-☆クスッと笑うとこもあるし、なるほど~と感心するとこもある。益田さんは長年銭湯に通われてるからこそのエッセイでした。子供の頃こんなこと感じてたな~って言うことも思い出しました!銭湯の秘密みたいなものも垣間見れますよ(^-^ゞおすすめでーす‼

2016/10/22

まさきち

昭和の雰囲気色濃く漂う中で、今まで見たことのない銭湯の女湯でのあんなことやこんなことに触れられて非常に楽しかった一冊。それにしても男女を問わず子供から大人へと成長する中で感じる恥ずかしさに共感して思わず強く頷いてしまいました。

2015/03/23

感想・レビューをもっと見る