読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

世界インテリジェンス事件史 (光文社知恵の森文庫)

世界インテリジェンス事件史 (光文社知恵の森文庫)

世界インテリジェンス事件史 (光文社知恵の森文庫)

作家
佐藤優
出版社
光文社
発売日
2016-06-09
ISBN
9784334786991
amazonで購入する

世界インテリジェンス事件史 (光文社知恵の森文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Miyako Hongo

今までにあった各国のスパイ事件の紹介と、現在の各国の諜報機関の紹介、戦前までの日本の諜報活動の紹介。世界の諜報活動総まくり的な内容。各国諜報機関の歴史やら位置づけやら立役者の名前やら。イギリス諜報機関がスパイ小説推奨してるってのは面白い。□やはりお勧めは3章。日本みたいな周りの趨勢でどうにでもなっちゃう国はきちんとアンテナ上げて情報とれや、という筆者の心の叫びが聞こえてくる。とりあえず国民の情報リテラシー上げるとこから初めて欲しいな。ラインとか、個人情報勝手に吸い上げるアプリは禁止の方向で。

2018/07/13

Matsumura

インテリジェンスは、政治や外交だけではなく、人とかかわり組織を動かす立場にある人全てに関係すると思う。

2016/08/01

Mandragoremi

ギブ

2017/10/16

Naoki

日本のインテリジェンスの歴史が興味ふかいところでした。

2017/01/02

AM

代表的なインテリジェンス事件や、過去の日本のインテリジェンス運用体制について紹介した一冊。

2017/01/01

感想・レビューをもっと見る