読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

殺意の隘路(上) 日本ベストミステリー選集 (光文社文庫)

殺意の隘路(上) 日本ベストミステリー選集 (光文社文庫)

殺意の隘路(上) 日本ベストミステリー選集 (光文社文庫)

作家
青崎有吾
赤川次郎
有栖川有栖
伊坂幸太郎
石持浅海
乾ルカ
恩田陸
北村薫
出版社
光文社
発売日
2020-05-13
ISBN
9784334790202
amazonで購入する

殺意の隘路(上) 日本ベストミステリー選集 (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

drago @チワワ飼い始めました。

有名作家も多く、期待して読み始めたが「題名に偽りあり」。8つの短編には、一つも「殺意」が登場しなかった。 ◆中でも、有栖川有栖、恩田陸は読む価値なし。 ◆伊坂幸太郎、石持浅海、乾ルカはまずまず。 ◆マイベストは、北村薫『幻の追伸』。今は亡き著名作家同士の書簡に隠された秘密を、出版社の若い女性編集者とその父親が解き明かす。 ◆各作家が自薦した短編集との触れ込みだが、全体的にパッとしない作品が多かった。期待外れ。 ◆加えて、311頁の文庫本が千円超えとは、いかがなものか。 ☆☆

2020/09/20

sako

「殺意」…あったかな?好きな作家は既読で残念だったけど、やっぱり好きだし短編だからもう一回読んだ。苦手な作家も含まれてたけど、少し苦手が払拭された。また別の作品読んでみようかな。

2020/08/09

感想・レビューをもっと見る