読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

総力 聡四郎巡検譚(六) (光文社時代小説文庫)

総力 聡四郎巡検譚(六) (光文社時代小説文庫)

総力 聡四郎巡検譚(六) (光文社時代小説文庫)

作家
上田秀人
出版社
光文社
発売日
2020-07-08
ISBN
9784334790639
amazonで購入する Kindle版を購入する

総力 聡四郎巡検譚(六) (光文社時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やま

聡四郎巡検譚6作目《完結編》2020.07発行。字の大きさは…小。 一放流の遣いて水城聡四郎は、吉宗から「世間を見てこい」と言われ道中奉行副役となり、街道筋を旅する物語です。 此度は、大阪に居た聡四郎のもとへ娘・紬が元御広敷伊賀者頭・藤川義右衛門によって攫われた知らせが入り、急遽吉宗の命で江戸へ向かいます。紬は、一放流の達人・入江無手斎、女忍び袖など水城家の留守を預かる者達によって助け出されます。 今回の紬の奪回劇は、テンポも良く、水城家の伊賀の郷忍びと、藤川について行った忍びとの戦いが良かったです。

2020/09/07

とし

聡四郎巡検譚「総力」6巻完結。娘紬が拐かされ江戸に戻る聡四郎、水城家の留守を預かる、大宮玄馬、女忍び袖、菜、剣の師入江無手斎と伊賀忍の抜け忍藤川儀右衛門一味との死闘、無事紬は助け出されるが、入江無手斎は行方不明、藤川儀右衛門逃亡と決着付かずの最終完でしたが、吉宗が新たに惣目付を命じたので新シリーズがありそうですね、入江無手斎の無事と藤川儀右衛門の決着はつけて欲しい。

2021/01/22

ジュール リブレ

シリーズ最終作!とは言え、相変わらず続くらしい?深川の大立ち回りも何となく終わったような未完のような。不思議な作りの最終回でした?

2020/08/14

ロデタ

シリーズ最終巻。読み始めたときは他の聡四郎シリーズに比べてつまらなく感じていたが巻が進むにつれて面白くなった。5巻6巻はすごく面白かった。にしても、藤川義右衛門との決着は最終巻でつけると思っていたがつかず残念。ちょっと引っ張りすぎではないか。入江無手斎がどこかに消えてしまったが新シリーズで再登場するのかな。どうでもいいことだけど、名奉行大岡越前が全然らしくなく描かれてい苦笑。

2020/08/22

Atsushi Kobayashi

これだと思うのですが、表紙がない。。。

2020/07/12

感想・レビューをもっと見る