読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

能面検事 (光文社文庫)

能面検事 (光文社文庫)

能面検事 (光文社文庫)

作家
中山七里
出版社
光文社
発売日
2020-12-09
ISBN
9784334791230
amazonで購入する Kindle版を購入する

能面検事 (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

中山さんの本では以前から気になっていた本で文庫化されたので読んでみました。一切感情を表に出さない検事を新人の検察事務官の目から見ていくという話で実際にはこのような人物はありえないのでしょうが私は楽しめました。忖度なしで場の空気を読まずに同調圧力には屈しないということで大阪府警全体を敵に回すような動き方をします。なぜこのような能面検事になった理由も若干書かれています。楽しめました。

2021/02/17

sin

新米事務官の美春は〈能面〉とあだ名される検事の元に配属されたが、その名に恥じぬ無感情ぶりに戸惑いながらも真意を掴もうと奮闘する。彼女は云わば一般的な感情を代表したキャラで、その言動は理知的な検事の言い様より共感をもたらすが、一般に云う正義とはなんだろうと考えざるをえない。揺るぎなく信じられて満足をもたらす正義はともすれば自己満足に陥りやすく法を遵守する人間が拘ってはいけない落とし穴なのかもしれない。また世間がコンプライアンス重視を履行する現代に於いて作中の大阪府警の言い訳は時代錯誤といわざるをえない。

2021/01/26

ponpon

大阪地検·不破検事、通称能面検事。彼のもとに新人事務官·惣領美晴が配属されたところから物語が始まる。いきなり、彼女に不適格の烙印を捺すなど強烈な第一印象の不破検事だが、周囲の雑音など一切気にかけず自身の職業倫理に忠実に生きる姿にはしびれる。連作短編だが、送検された被疑者が軒並み冤罪というのは検事モノとしては珍しい。そして、背後にあった大阪府警のとある不祥事が露見して終わりかと思わせてからの意外な結末は鮮やかだった。中山ワールドにニューヒーロー登場で、続巻の早期文庫化期待。

2021/01/05

坂城 弥生

自分の流儀を貫いて何処までも理想を追求する。言ってることも正論。司法の人間としてこれだけ理想的な人は居ないのかもしれない。ただ今回のように身内からも批判されるし敵も作る。だけど、協力してくれた鑑識さんや、彼に送検された受刑者はむしろ好感を持っているから、それで良いのかも。 個人的に不破と御子柴が対決したら面白そうだな、と思ってしまった。

2020/12/16

momi

タイトルどおり〜♬1ミリも表情筋を動かさない能面のような刑事と彼の下で働くことになった新米女事務官の話。検事としてとても優秀な彼の…その能面の下に隠された素顔を見たさに読み進めます!さて検事の挑む事件ですが…府警の大スキャンダルに発展していくのだけど…いつもの著者の作品と比べると私は驚きもなく地味に感じてしまいました…。

2021/03/02

感想・レビューをもっと見る