読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

にらみ (光文社文庫 な 51-1)

にらみ (光文社文庫 な 51-1)

にらみ (光文社文庫 な 51-1)

作家
長岡弘樹
出版社
光文社
発売日
2021-01-13
ISBN
9784334791377
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

にらみ (光文社文庫 な 51-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

好きな作家の朱川さんの作品をほとんど読んだので、すぐれたミステリーの短編作家といわれる長岡さんの作品を少し読んでみようと思っています。長岡さんの「教場」シリーズのいくつかと「傍聞き」は読んでいますがそのほかの作品を少し読んでみようと思っています。その最初がこの作品集で期待にたがわず楽しめました。特に最初の作品の「餞別」には驚きました。また表題作もよい味でした。

2022/03/10

Shoji

『教場』がブレイクしている長岡弘樹さんですが、私は『傍聞き』を読んですっかりファンになりました。『にらみ』には七編の短編が収録されています。少々、強引なプロットもありましたが、楽しく読ませて頂きました。一篇一篇も程よい長さで、ちょうどいい感じでした。

2021/02/03

坂城 弥生

表題作は、真相がわかったときゾッとした。ああ、見てたのか、と。

2021/01/25

Carlos

さらっと読める安定の長岡短篇集。

2021/03/04

left7

長岡さん得意の短編集で楽しみによみましたが、期待通りの作品でした。最初の短編は長岡さんらしくないものでしたが、他は長岡さんらしさが存分に出ていて読み進めていくにつれて、加速度的に読書スピードが上がっていきました。やっぱり長岡さんは希に見る短編の名手だと再認識しました。長岡さんの作品はこれからも読み続けたいと思います。マイベストは「白秋の道標」です。

2022/01/04

感想・レビューをもっと見る