読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ボーダレス (光文社文庫 ほ 4-17)

ボーダレス (光文社文庫 ほ 4-17)

ボーダレス (光文社文庫 ほ 4-17)

作家
誉田哲也
出版社
光文社
発売日
2021-02-09
ISBN
9784334791506
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

ボーダレス (光文社文庫 ほ 4-17) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

H!deking

久しぶりに誉田さん。ファンだから言わせてもらうと、普通に面白かったけど誉田さんにしてはキャラ立ちがイマイチ。道尾秀介的なドタバタ感だけどこれなら正直道尾秀介のが面白いかなってなっちゃう。とはいえさすがの伏線回収。そこ繋がるー?!とはなりました。登場人物は今後他の作品にも出てきそうだから一応覚えておかなきゃなw

2021/04/06

ガチャ

いくつかのストーリーが平行に進んでいて、 これは現実に起きていることなのか、 時系列があるものなのかと思わされたけど、最後にはきちんと繋がった。追われているシーンやコーヒー専門店【ドミナン】で立て篭られた時はドギマギさせられたけど、ここぞと言う時には女性は強しだ。 今回の功労者はなんといっても圭ちゃん。 犯人が起こした事件は恐ろしかったけど、 これをきっかけに皆が道を開けたのはよかったな。 「究極の静男」を極めるのは難しいようだけど、元気な琴ちゃんに会えたし、紗子ちゃんが普通に就職することに安堵した。

2021/07/31

スエ

日常から、非日常へ。少し足を踏み入れてしまった女性達の物語。目が不自由な少女、夢をあきらめた女。小説を書く少女、人を深く愛しすぎた女。 中継地点は、観光地の喫茶店「カフェ・ドミナン」……この店には、夢と希望と挫折があった。「三年もすれば、プロポーズをする人だって現われる」。希望よ、溢れろっ!!

2021/02/23

キンモクセイ

各章それぞれ違った人物の視点や女子高生が書く小説の内容と変わるけど不思議と混乱しない。それぞれ女の子たちの先の内容が気になる。普通だったら接点などないし出会うはずもなかった彼女たちがいつの間にか繋がっていた。後半、彼女たちが同じ場所で一斉に出会うが、この後のクライマックスも面白かった。この作品の続編が読みたくて手に取った作品だったけど楽しめた。個人的には脇役だけど女子高生の妙子のキャラと妙子と一緒にドライブしていた見た目は完全に日本人なのにアンディと呼ばれる年上の男性が印象深かったのは私だけかな?

2022/01/31

おかむー

坂道3グループから7人が出演するひかりTVオリジナルドラマの原作。『もうすこしです』。物語頭初には関わりのない4組・7人の少女が降りなず4つのストーリーが平行して描かれ、終盤でそれらがひとつの事件へと収束する群像サスペンス。それぞれの関連や時系列をミスリードさせる描写がときおり織り込まれているのでミステリアスにも思えるが、仕掛けが明かされてしまうと実はそれほど意外性のない物語でそこそこ肩透かし。「ストロベリーナイト事件」が世間的に知られているという描写があるので姫川シリーズと同一の世界線な模様。

2021/04/03

感想・レビューをもっと見る