読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鎮憎師 (光文社文庫 い 35-17)

鎮憎師 (光文社文庫 い 35-17)

鎮憎師 (光文社文庫 い 35-17)

作家
石持浅海
出版社
光文社
発売日
2021-06-16
ISBN
9784334792039
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

鎮憎師 (光文社文庫 い 35-17) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ponpon

お気に入り著者の文庫新刊。大学のサークル仲間が結婚式で再開。翌日の再開を約したところ一人が絞殺された。状況的に犯人はこの仲間の誰からしい。タイトルともなっている鎮憎師こと沖田洋平氏、この方が探偵役かと思ったら登場機会も僅かで「?」。いちおう憎しみの連鎖を断つという事らしいのですが…。推理は著者らしい論理的なもので読み応えは充分。大学時代の友人らが酒を嗜みながら推理というシーンは各作品で多用されながらもその他シチュエーションに新たな発想を投入し続ける著者のエネルギーはスゴイと思う。楽しめる一冊です。

2021/06/19

あおやまみなみ

結婚式で集まった大学のサークルの仲間たち。そこに、ある事件によって疎遠になった夏蓮も現れて──。 憎しみの連鎖を止める鎮憎師、沖田とともに、真穂とひろみは緻密なロジックで思考を進める。 意外な犯人に綺麗な推理。 石持さんらしさが存分に発揮されたミステリーでした。

2021/07/14

アオノ

この探偵は謎を解くのではなく、憎しみを鎮め、復讐の連鎖を断ち切る。だから彼はこう呼ばれるー 鎮憎師と。なんて言うほど沖田珍蔵氏は活躍しません。ほぼ出てこない。だいたい何だよ鎮憎師って。変換するのが大変。(珍蔵氏は一発で出た)サークル仲間の披露宴二次会で再会した面々。翌日も集まる約束をするが、その日のうちに仲間の一人が殺されてしまう。状況からして、犯人はこの中にいる?石持さんは人の悪意をどろっとさせずに描くのが得意ですが、これもその系譜。ただ、おぬし等、女性陣の言葉使いが気になり、あまり楽しめなかったです…

2021/07/17

ナオ

面白かった!!確実に単行本で読んでたんだけど、何か石持さんが読みたいと購入。うっすら内容覚えてたけど、前と同じようにミスリードされて。考え方の癖って直らないものだなと変な事に感心。「鎮憎師」は探偵というより復讐の連鎖を止める字面のせいか僧侶のイメージ有り。 大学の仲間が結婚式に集まって、その中で殺人が起こり…いかにも石持浅海的な世界を堪能しました。座間味くんの推理の新作読みたいです!

2021/06/27

吉田正

冷静になってなると結構無理あるよね。

2021/06/26

感想・レビューをもっと見る