読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

緑のなかで (光文社文庫 や 32-3)

緑のなかで (光文社文庫 や 32-3)

緑のなかで (光文社文庫 や 32-3)

作家
椰月美智子
出版社
光文社
発売日
2021-06-16
ISBN
9784334792046
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

緑のなかで (光文社文庫 や 32-3) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

気持ちのいい青春学園ドラマだった。表題作の長編と「おれたちの架け橋」という短編が収録されている。表題作は主人公の啓太が、実家から遠く離れた北海道の大学に入学し、そのうちの3年生の一年間を四季を通して綴ったもの。季節ごとに章が分かれていてそれぞれに寮での生活を描いている。啓太には双子の弟、絢太がいて頻繁に連絡を取っている。新学期の新歓企画で浮き立っていると思えば、夏はおいしそうなジンギスカンに舌鼓を打っている。ちょっとした事件も起きるが、若い事の爽やかさが際立った作品だった。付属の短編はその前日談。

2021/06/30

papako

作者の『しずかな日々』や『体育座りで、空を見上げて』の系統。どちらも小中学生が主人公。こちらは大学生の男子が主人公。家族から離れて大学の寮で暮らす啓太。母の失踪、友人の死などに直面し、自分とは?生きるとは?を考える。構成や物語の雰囲気は同じような感じなのに、主人公が大学生だから?ちょっとすんなり読めませんでした。自分の状態と合わなかったのかな。ちょっと読む時間違えた感じ。『しずかな日々』再読してみようかなぁ。。。

2021/11/05

たるき( ´ ▽ ` )ノ

実家を離れて北海道の大学で寮生活を送っている、双子の兄・啓太。地味に見えるが自分の居場所をしっかり築き上げ、学生生活を謳歌している様子が描かれる。まさに青春そのもの!ああ、いいなあと素直に思った。悩みに正面からぶつかっていく感じが眩しい。身構えずに読めるから、主人公の感情がよりリアルに伝わってくるのかもしれない。椰月さんの作品、好きだなあ♫

2021/12/23

エドワード

北海道大学?で勉学に励む3年生・啓太。寮生活、サークル活動、大勢の友人たちに囲まれて、キラキラと輝く、まさに絵に描いたような青春の日々。40年前の私だ。ああ、大学生ってこんな感じだったなあ、と懐かしく思い出す。私たちは「大学時代に遊ばなくていつ遊ぶんだ?」とモラトリアムのかけがえの無さを思うのだが、今の彼らは「大学でしっかり勉強しないと社会に出られないんです。」と現実の厳しさを訴える。高校の同級生たちとも続く交流が微笑ましい。突然の母親の家出や友人の自殺などの悲しみも乗り越えていく啓太を応援するよ。

2022/06/04

ピロ麻呂

北大学生寮での春夏秋冬…青春を描いた作品✨学生時代…懐かしいなぁ。あの頃は色々な夢を描けて、大した悩みもなく、自由だったなぁ。もっと色々な経験をして、色々な所に行って、色々な人に会って、たくさん恋愛して、もっと楽しんでおけばよかったなぁ。ちょっと真面目だった学生時代にちょっと後悔😅

2021/08/08

感想・レビューをもっと見る