読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

術策 (惣目付臨検仕る(二))

術策 (惣目付臨検仕る(二))

術策 (惣目付臨検仕る(二))

作家
上田秀人
出版社
光文社
発売日
2021-07-13
ISBN
9784334792244
amazonで購入する

術策 (惣目付臨検仕る(二)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

蕭白

面白くなってきました。終着点がどこになるのか、今から楽しみです。

2021/07/13

clearfield

シリーズ2作目、聡四郎の役目が分からないのは読者だけでなく書いている上田さんも惣目付の役割を戸惑いながら執筆している様子、だからか江戸幕府の組織と役職に関する蘊蓄がやたら多い気がする、聡四郎が出世したからかこのシリーズは吉宗、老中、目付など幕府の重職間の駆け引きが多い、この巻は相模屋の登場シーンもなく町人が登場する場面はかなり少なくなっていくんだろう

2021/07/23

Masayoshi Arakawa

20210718 640+ さすがの上田さんです。一気に読ませます‼️

2021/07/17

感想・レビューをもっと見る