読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ロンリネス (光文社文庫 き 21-2)

ロンリネス (光文社文庫 き 21-2)

ロンリネス (光文社文庫 き 21-2)

作家
桐野夏生
出版社
光文社
発売日
2021-08-06
ISBN
9784334792251
amazonで購入する

ロンリネス (光文社文庫 き 21-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Miyuki Usa

前作ハピネスも読んでいたが、まったく覚えていなかったが読書に支障はなかった。離婚だ不倫だDVだと泥沼すぎていまひとつリアリティないけれど、義理親戚付き合いにママ友付き合い、子育てに仕事に、日々女は色々な同時多発的タスクにまみれている上、体調も安定しにくいし、それゆえ発生する心の揺れや不安定は理解できる。精神の支えを求めてしまう気持ち、分かるなぁ。けど高梨にまったく魅力を感じられなくて、有紗に感情移入しにくかった。

2021/09/09

カブ

「ハピネス」の続編。あの5人のその後が気になって、読む。まるでドラマのような、現実感がない物語と思ってしまうのは、自分がもうこの物語の登場人物たちとは違うところに来てしまったということか?!(笑)でも、大人の恋は、いいなって思います。

2021/10/16

Junichi Yamaguchi

『疑心暗鬼』… 桐野さんの描く人間の醜悪さ。 脆さ。 いやぁ、少し血液がドロっとなった気になる。 参った。 このシリーズはまだ続くのかな? 人間は親になろうと人間。 周りからすると分かりやすいものを失い、分かりずらいもの手にしたヒロイン家族の幸を願う。。

2021/09/11

はるこっこ

突っ走りすぎというかなんというか。こんなに自分勝手になれるものかな~。怖がればいいのか、こんな泥沼にはまるような人生じゃなくて良かった、と安心したらいいのか。自分にも回りにも言い訳しながらの生活は長く続くものじゃないし、しんどいだろうな。主人公が高梨に惹かれた理由は、全然わかりませんでした。前作に続き、安全な場所から他人の不幸を覗き見るような、意地悪い感じを堪能。

2021/09/14

ウメ

不倫という手垢まみれの主題も桐野氏ならばと期待したのだが、性欲愛欲ご都合主義しか伝わらず。倫理はいずこへ。ままならない人生と嘆くが自分で選んだのだろうと胸ぐらつかみたくなる。解説は闘いの物語と賞賛するがそこまで深いか疑問。

2021/10/19

感想・レビューをもっと見る