読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

<銀の鰊亭>の御挨拶 (光文社文庫)

<銀の鰊亭>の御挨拶 (光文社文庫)

<銀の鰊亭>の御挨拶 (光文社文庫)

作家
小路幸也
出版社
光文社
発売日
2022-06-14
ISBN
9784334793708
amazonで購入する Kindle版を購入する

<銀の鰊亭>の御挨拶 (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぷに丸

火事で両親と自分の記憶を失ってしまった叔母と共に、祖父母の経営していた高級料亭に住み込みながら事件なのか事故なのかはっきりしない火事の真相に迫っていく姿が見ていて気持ちが良かったです。弁護士の息子らしく頭が切れるところと的確な判断を下していけるようになっていく主人公の姿も見どころでした。

2022/06/29

Chisato

経過のリズムはとても良くて先がどうなるのかワクワク。結末が急展開かつ、うやむやな感じになって、え?終わり?と思ったものです。火事や秘密の詳細まで知りたかったなぁ。

2022/06/24

感想・レビューをもっと見る