読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

代書屋ミクラ すごろく巡礼

代書屋ミクラ すごろく巡礼

代書屋ミクラ すごろく巡礼

作家
松崎有理
出版社
光文社
発売日
2016-07-15
ISBN
9784334911034
amazonで購入する

代書屋ミクラ すごろく巡礼 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆかーん

代書屋というタイトルにも関わらず、そんな話が全く感じられないシリーズ2巻目。1巻目では、女性に振られてばかりの残念なミクラさんでしたが、今回は愛する助教を手伝うために、春に行われるすごろく祭りに参加する決意を胸に、頼もしい姿を見せてくれます!島民の人たちとの出会いをきっかけに、人として成長し幸せになろうとするミクラさん。今度こそ助教と恋仲になれるのかと思いいましたが、現実はそんなに甘くないのですね…。共に旅した代参屋の好意が分からず、助教に気づいてもらえず、失恋ばかりの人生を送るミクラさんなのでした。

2016/11/25

(*'ω' *)@k_s

市立図書~学術論文代筆業“代筆屋”ミクラが、研究のために旅立った助教を探しに、はるばる辺路島という島へと向かう珍道中(笑)~着いた辺路島では年に一度の“すごろく祭り”が開かれ、島全体が一つのすごろくとなり、お遍路する。すごろくだから、ふりだしに戻るし、1回休むし、2倍進んだりする(*´艸`)設定が面白いですな~✨すごろくの上がりに必要なのは“知識”と“技術”と“相”、勝者には“しあわせ”が贈られる。これ系の本を読んでいつも思うこと、『幸せはすぐそこにある』気付きなよ~も~( ´∀`)σ)Д`)

2021/08/15

hirune

ミクラがかけられたのって 女性を見る目が曇る呪いではないのかしら??今回も振られるというよりは 相手にさえされてなかったですね〜^^;それはともあれ、すごろくで競う祭りって面白いですね!グループ参加が可能なら出てみたいくらいです♪

2018/08/01

むつぞー

「代書屋のミクラ」シリーズの新刊。 タイトルの『すごろく巡礼』って何?と思っていたら、まさにタイトルとおり島全体をすごろくに見立てた祭りへの参加でした。 この祭り楽しそうだなぁ~。 その祭りの様子と、そして助教を見つけることはできるのか?と楽しく読むことができました。 祭りにの中で出会う人々、そして問いかけられる謎もなかなか考え深いものでしたね。 しかしミクラくん。君のは呪いのせいというより、絶対他の理由というか君自身によるものだと思いますよ。

2016/08/07

miroku

今回は長編。かつ、ミクラの代筆話ではない。ミクラという主人公の魅力を前面に押し出した作品。・・・と言うか、いわゆるシリーズものっぽくなってきた。

2016/10/11

感想・レビューをもっと見る