読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小鳥冬馬の心像

小鳥冬馬の心像

小鳥冬馬の心像

作家
石川智健
出版社
光文社
発売日
2017-06-16
ISBN
9784334911713
amazonで購入する

小鳥冬馬の心像 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

安楽椅子探偵ならぬ不安椅子探偵の登場。風変わりな設定を楽しめたミステリ。小鳥冬馬は豊富な知識の持ち主だがいつも不安に苛まれ憂鬱状態。さらに安楽椅子に座ると不安が増して推理力が一層鋭くなるという変わった特性を有していた。パターンもの短編集かと思ったら長編で、既発表の短編に書下ろしの話を繋げていて2章目で少し驚いた。その後の展開も意外な方向に拡大していき先が読めない。真相は結構びっくり。後から考えると伏線に納得なんだけど変則的な雰囲気に惑わされたかも。主役は割とさらっとした印象だったが、話は苦味が強かった。

2017/06/22

hirune

小鳥冬馬の心像…トーマの心臓のもじりなのかな?と思ったけど 関係ないか😅なんかくら〜い話で 事件も胸糞悪い事が次から次へと起こるし、言ってしまえば 冬馬も青山も冴子も新妻も他の刑事とか容疑者とかも全部キライだった(^^; 面白くないわけじゃないけど、扱われた犯罪が犯罪だし、結末にあんまり救いがないしで ちょっと辛かったなぁ。。

2019/06/13

薦渕雅春

第1章、夫婦間の殺人事件の所では 短編集なのかと。ところが その娘が行方不明となり、そこからが本番だった。心像ー記憶・想像などによって、現実の刺激がないにもかかわらず意識に生じる直接的な像。先輩から冬馬との関係を引き継いだ、同級生の陽介。冬馬の超人的な推理力、圧倒的な情報量は本からか!「本を読むことを無駄だという人がいる。でも、本という媒体は有用だよ。能動的に知識を吸収する努力と、それによって浮かんでくる際限のない空想と疑問に向き合うことができれば、思考は小さな脳を飛び出し、世界を無限に押し広げてくれる」

2017/12/27

まー

安楽椅子に座ると不安でたまらなくなる、強迫神経症の探偵役。すごい設定だなぁ。坂木さんの引きこもり探偵を連想しましたが、ワトソン役の友人刑事との関係は、またちょっと違うかんじ。短編かと思ったら長編で、けっこう重苦しい事件でした。

2017/08/01

sai

あるとき起こった夫婦間の殺人事件。妻の浪費癖や浮気が原因と思われた。事件は一応の終焉を迎えたかに見えたが…。史上最弱、不安椅子探偵あらわる!

2017/07/18

感想・レビューをもっと見る