読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ノーマンズランド

ノーマンズランド

ノーマンズランド

作家
誉田哲也
出版社
光文社
発売日
2017-11-16
ISBN
9784334911928
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

またしても同僚の殉職を経験し、心身に疲弊の残る姫川玲子が入ったのは、葛飾署管内で起こった若い女性の殺人事件捜査本部。心機一転、捜査に集中する玲子だったが、すぐに行き詰まってしまう。有力な被疑者がすでに別の所轄に逮捕されており、情報が流れてこないのだ。玲子は、あらゆる伝手をたどり、事件の全体像を探りはじめるが……。累計400万部突破の超人気警察小説シリーズ、待望の最新長編!

ノーマンズランド / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

誉田哲也は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。姫川玲子シリーズは、全作読んでいます。しかしこのシリーズで、北朝鮮の拉致問題が取り上げられるとは思いませんでした。本書は究極の純愛小説とも言えます。通勤電車の中で思わず涙ぐんでしまいました。400P強一気読み、今年のベスト20候補です。著者が更に右化しているのが、少し気になりましたが・・・

2017/11/29

まるけん

長い髪の女の背中の向こうに、日本海が見える。その水平線の彼方にある、ノーマンズランド。青く寒々しい表紙。高校時代に拉致された、あの国から彼女を救うべく、自衛隊特殊部隊を目指す『青年』。純愛を踏みにじられた青年が国家に問う憲法のあり方と、正義。最近のニュースで見る日本海沿岸に漂着するあんな木造船で『彼女』も連れ出されたのだろうか…。ガンテツもやや活躍。そして最後のシーンは、検察庁の向かい側にある、雨の日比谷公園での玲子君とアイツとの抱擁、なの❓くそーーーっ。こうなったら❓、次は新堂冬樹『痴漢冤罪』だわ。

2017/12/16

ゆのん

姫川シリーズ。久しぶりの姫川シリーズ。相変わらずの面々の登場に嬉しくなる。私の好きなイマハルやガンテツがあまり出て来ないのは少し残念だが、気になる新キャラ登場で続きを早く読みたい。日本が抱える国際問題を軸に切ない結末になり、相変わらず犯人を嫌悪しきる事の出来ない内容に複雑な思いはあるが、アッという間に読んでしまえるのは流石誉田さん。国奥先生は引退、菊田も試験をパスしていたりと時の流れも垣間見れ良い仕上がりになっていたように思う。とにかく続きを早く読みたい。

2018/03/27

タイ子

姫川玲子、まだ引きずってるんだぁ、林統括主任のこと。 菊田さんは今や家族もできて幸せそうだし。と、読み進むうちに方向が予想もしなかったところに…。拉致問題、自衛隊、憲法第9条。姫川が追う事件とそれらがどうつながってどう着地するのかが本作の読みどころかな。重い(殺人事件で軽いのはないけど)中で湯田康平刑事の純粋さと明るさがなんかホッとさせてくれる。次作も出てね(笑)。で、姫川さんになんだか春の予感がするんだけど…。 彼女も色々あったから少しは幸せを味わってもらいたいなと親戚(勝手に)のお姉さんは思うのです。

2018/01/16

海の仙人

殺人事件が別の殺人事件に、そして北による拉致事件にまで遡っていく、タイムリーな北の不穏な動きとも繋がり、楽しめました。最後は、新たな事件の臭いがして、姫川班の次の活躍が楽しみです。

2017/12/21

感想・レビューをもっと見る