読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

PIT 特殊心理捜査班・水無月玲

PIT 特殊心理捜査班・水無月玲

PIT 特殊心理捜査班・水無月玲

作家
五十嵐貴久
出版社
光文社
発売日
2018-09-19
ISBN
9784334912390
amazonで購入する Kindle版を購入する

PIT 特殊心理捜査班・水無月玲 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

時々この五十嵐さんはこういうのを読ませてくれるから堪らないんだよなぁ。ビッグデータ×プロファイリングなんてカタカナ多し?で難儀するかと思いつつ・・あらあら、えー!このまま終わりませんよね?絶対続きがありますよね?ってすっかり騙された感じで読了に至りました。刑事の勘は侮れませんね。面白かったです。

2018/10/22

初美マリン

序盤は、AIの凄さが今までの捜査を飛び越えるのかと読み進んでいくうちにこんなのあり?という結末でした!

2019/10/05

Mami Endo【GLAYとB'zが大好き】

人工知能を使った犯罪捜査をする蒼井俊は水無月玲が率いる特殊心理捜査班にヘッドハンティングされる。特殊心理捜査班はプロファイルによるプロファイリングから犯罪捜査をする。ある日、女性を解体した連続猟奇殺人事件が発生する。しかしながら、南青山弁護士一家殺人事件と杉並区弦養寺公園の遺体遺棄事件さえ未解決ゆえに特殊心理捜査班は大忙しである。それなのに警察関係者である関川和司は解体され谷村博通は監禁され蒼井俊は辟易する。シリアルキラーとサイコパスばっかりだし飲食中に読書したから吐きそうだ。人が死に過ぎじゃないか!

2019/09/21

タックン

1つめのバラバラ殺人事件があっけなく解決しちゃって拍子抜けして読んでいって、題名のプロファイラー・水無月さんの存在が薄いなあって思ったら最後に一気に・・・・。そうゆうことかあ!!でも伏線読んだらそうなるかもね。続編あるみたいだね・・・

2019/01/14

プロファイリングや、ビッグデータにスポットを当てている筈なのに、なんとなく印象が薄いと思ったら、こういう展開だったのね。

2018/12/13

感想・レビューをもっと見る