読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

緑のなかで

緑のなかで

緑のなかで

作家
椰月美智子
出版社
光文社
発売日
2018-09-19
ISBN
9784334912406
amazonで購入する Kindle版を購入する

緑のなかで / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

大学生・青木啓太21才の1年間。東京に親と双子の弟・絢太がいて、橋に憧れ北の大地の大学の寮で暮らす啓太。『自分』が上手く掴めない。(みんな、そんな感じじゃない?と軽く突っ込みながらの私)どことなくふわふわして、尞生活や楽しげなサークル・・だけじゃなかった。母が失踪?ここでも家族の中の『自分』が浮き彫りになるが、帯には無かった出来事がガツンと私を打ちのめした。生きてるって、生きるって・・油断のならない椰月さんだった。

2018/10/09

やっさん

★★★ 高校生対象に書かれた青春小説。大学進学で実家を離れてたくさんの個性と出会うと、自分のアイデンティティに不安を持つ・・・分かるなぁ。綺麗な締め方も好きだけど、もう少し重みのある葛藤も読みたかった。

2019/11/03

ウッディ

北大の学生寮に住み、学生生活を送る啓太の1年間を描いた青春小説。自分の器の小ささや将来に悩みながらも、1人北の大地で友情を築き、寮のイベントやサークル活動を楽しむ様子が生き生きと描かれています。明後日より先の事など想像もできないという啓太の言葉に、自分の学生時代を思い出し、自分を通じて大学の友達と高校の友達が仲良くなる嬉しさはよくわかりました。自分は下宿でしたが、寮生活は楽しそうで、蔦に覆われた緑の学生寮に憧れます。母の失踪、友の死などを経験し、自分らしく成長していく啓太に昔の自分を重ね面白かったです。

2019/01/14

なゆ

悩める青春がキラキラしてるようで、なんか単純にいいなぁ…って遠くを見つめた。漠然と心がもがいたり、悲しさに心が浮遊したり、素直にはしゃげなかったり、意味なく苛立ったり。北の大地のH大学で土木工学を学ぶ啓太。自然豊かなキャンパス、ツタの緑に覆われた「緑旺寮」での日々の様子、自然を楽しむサークル活動と、緑がいっぱい。実家の母親が失踪したり、高校時代の仲間との交流、大切な友の死など、いろんな思いに揺さぶられながら一年が過ぎてゆく。『おれたちの架け橋』では、その高校時代の話と、H大を目指したきっかけがわかった。

2018/11/05

takaC

悩める大学生青年たちの話「緑のなかで」と、彼らの高校時代の話「おれたちの架け橋」。発表順とも逆のこの順番に読まされたのは意図ありと思われる。

2018/12/17

感想・レビューをもっと見る