読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

菩薩天翅(ぼさつてんし)

菩薩天翅(ぼさつてんし)

菩薩天翅(ぼさつてんし)

作家
戸南浩平
出版社
光文社
発売日
2018-09-19
ISBN
9784334912413
amazonで購入する Kindle版を購入する

菩薩天翅(ぼさつてんし) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっちゃん

前作も良かったので!この微妙な時代の中で、揺れ動く主人公が人間味があって好感が持てる!今回は守る人が居るから、強くも弱くもなる辺り良い!現代より、こういう時代ものの方が惹かれるのは年をとった証拠?(笑)

2018/12/30

ブルーノ

図書館で借りた本。初読みの作家さん。江戸から明治へと移り変わっていく時代の話で、人々の暮らしや考え方が変化していく様子が非常に興味深かった。貧しい生活のなかでも生き生きと描かれるサキの姿が良かった。そして、倉田とサキの絆には胸が熱くなった。また、刀での斬り合いのシーンは迫力があって面白かった。

2019/03/28

辺野錠

前作から引き続き明治が舞台で今度は廃仏毀釈を背景に起こる仏に見立てた連続殺人と言うシチュエーションが面白いと思った。善と悪が入り交じる物語も引き込まれる。蝶やリボンに仏の首と小道具の使い方も巧み。

2019/02/07

モディ

明治初期は死と貧困が今より遥かに身近だったんだね。都合いい展開だったが読みやすい。

2020/08/21

オオイ

明治初期変動の時代に男の生きざま、テンポ良く読める、まずまずですか。

2019/03/27

感想・レビューをもっと見る