読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

宮内悠介リクエスト! 博奕のアンソロジー

宮内悠介リクエスト! 博奕のアンソロジー

宮内悠介リクエスト! 博奕のアンソロジー

作家
宮内悠介
冲方丁
法月綸太郎
山田正紀
梓崎優
星野智幸
桜庭一樹
軒上泊
藤井太洋
日高トモキチ
出版社
光文社
発売日
2019-01-22
ISBN
9784334912581
amazonで購入する

宮内悠介リクエスト! 博奕のアンソロジー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

先日読んだ「美女と竹林のアンソロジー-森見登美彦リクエスト!」に続いて第二弾です。前作よりも知らない作家が多かったですが、愉しめました。オススメは、山田 正紀の「開城賭博」& 法月 綸太郎の「負けた馬がみな貰う」です。こういう企画は新鮮なので、別の人気作家で続けて欲しいと思います。

2019/02/27

ダイ

竹林のアンソロジー同様、個人的には当たり外れがありました。梓崎さん・桜庭さん・法月さんがよかった。

2019/02/19

さぁ、賭け狂いましょう!って思わず高らかに叫びたくなるアンソロジー。作家がテーマを決め、自ら好きな作家に執筆依頼をするという企画で、宮内悠介氏の選んだテーマは「博奕」!題材は、競馬やルーレットなど、いかにもギャンブルといったものから、生まれる赤子の性別や運ばれてくるデザートを予想するといったものまで、多種多様で面白い。どの作家さんもこのテーマを楽しんでるのが伝わってくる。寡作な梓崎さんの作品が読めたのは至福。そしてなんだかんだで宮内さんの作品が一番好き。沈みゆく船上で命を賭けた大博奕なんてシビれちゃう…!

2019/03/19

そうたそ@吉

★★★☆☆ 「博奕」でアンソロジーを編むとは何とも面白い。出来不出来の差はあるが、一番面白かったのは宮内さんの作品かな。沈みゆく船で生き残りをかけて賭博を行うというのが、ぶっ飛んでいるもののやはり博奕ならではの、手に汗握る感じがあり非常に面白い。梓崎優さんの作品がまさかこんなところで読めるとは、という嬉しさもまた魅力的。競馬に負け続けるという”逆博奕”のようなものが描かれた法月さんの作品も面白かった。負け続けなければならな意味、負け続けるにあたり編み出していくテクニックなど面白味に溢れた作品だった。

2019/02/26

ゆっき

「博奕」というテーマでこんなにもバラエティーに富んだ作品が書けるなんてやっぱり作家さんはすごい!リクエストした宮内悠介さんの『杭に縛られて』は一番面白かったです。桜庭一樹さんの『人生ってガチャみたいっすね』はタイトルから興味をひかれました。ものすごく贅沢な一冊に大満足です。

2019/03/21

感想・レビューをもっと見る