読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

森見登美彦リクエスト! 美女と竹林のアンソロジー

森見登美彦リクエスト! 美女と竹林のアンソロジー

森見登美彦リクエスト! 美女と竹林のアンソロジー

作家
森見登美彦
有栖川有栖
京極夏彦
恩田陸
佐藤哲也
北野勇作
飴村行
矢部嵩
伊坂幸太郎
阿川せんり
出版社
光文社
発売日
2019-01-22
ISBN
9784334912598
amazonで購入する

森見登美彦リクエスト! 美女と竹林のアンソロジー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

森見 登美彦は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。森見 登美彦のリクエストしたお題「美女と竹林」(もしかして文学史上最初で最後?)と参集した作家が半分以上好きなので読みました。オススメは、飴村 行の「東京猫大学」&京極 夏彦の「竹取り」&矢部 嵩の「美女と竹林」の3本です🎋🎋🎋 続いて「博奕のアンソロジー 宮内悠介リクエスト!」へ。

2019/02/19

mint☆

美女と竹林という限定的なイメージでは?と思われるテーマなのに、バリエーションに富んでいて面白かった。不思議なお話が多かったな。好きな作家さんもいれば、読むのは初めての作家さんも。いろんな作家を知るいい機会になるのでこういうアンソロジーは楽しい。

2019/12/21

hiro

久しぶりにリクエスト・アンソロジーを読んだが、今回の編者モリミーが決めたテーマは、あのエッセイの題名と同じ「美女と竹林」。美女・竹林という組み合わせのため、シリーズで最も難度の高いテーマとなり、玉石混交のアンソロジーとなったように思う。その中で、日本人が竹から連想する美女といえばかぐや姫、オーソドックスだが現代の仙台にかぐや姫を登場させた伊坂さんの作品は、たいへん読みやすくて一番面白かった。一方馴染みのない作家さんの段落分けがなく、同じ言葉が繰り返される作品は、残念ながら内容が全く頭に入ってこなかった。

2019/04/12

みかん🍊

竹というのは奇妙な植物で地下で根が繋がっていてそれが枯れると全ての竹が枯れるそうです、そして木ではなくイネ科中は空洞と未だに謎の多いミステリアスな竹と美女といえばやはりかぐや姫の連想が多かった、豪華作家さんのアンソロジー、中には読み飛ばしてしまったものもあったが、やっぱり伊坂さん、恩田さん、モリミーは面白く、間違って竹と共に出荷されてしまったかぐや姫、子どもの頃友人の家の裏の竹林でみた恐ろしい女性の顔、祖父の家の裏山から迷い込んだ不思議な体験、ファンタジーでホラーでミステリアスなアンソロジーでした。

2019/03/01

ダイ@2019.11.2~一時休止

個人的に外れの作品が何作かありましたが、伊坂さん・飴村さん・森見さんの作品なんかがよかった。

2019/02/16

感想・レビューをもっと見る