読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

DRY

DRY

DRY

作家
原田ひ香
出版社
光文社
発売日
2019-01-22
ISBN
9784334912604
amazonで購入する Kindle版を購入する

DRY / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ウッディ

口うるさい祖母と男にだらしない母を嫌悪しながらも、一度は捨てたはずの二人の元に離婚して戻ってきた藍は、別れた夫から「乾いた女」と呼ばれていた。祖父の介護をし、孝行娘と評判の隣に住む幼馴染の美代子と共有する事になったおぞましい秘密とは?暗く、救いのない家族の物語がどの様に進んでいくのかわからず、読み進めるうちにタイトルの意味を知った時の破壊力は凄かった。この様な生き方しかできなかった美代子の藍への思いやりだけが救いの物語だった様な気がします。

2019/05/18

fwhd8325

原田ひ香さんの作品イメージががらりと変わります。しかし、この妙なリアリティは引きつけてくれました。面白いです。桐野さんの「OUT」を連想しますが、あれから四半世紀経過しています。こんなに時代背景も変わっているんだと感じます。小説は面白いですね。どこにでもありそうな設定が、ゾクゾクしました。

2019/07/13

Yunemo

何だか報われずに生きる4人の女、祖母、母、藍、美代子の生き様の物語、として読みこなしていいんでしょうね。著者、こんな分野の、こんな作風、でも何だか落ち込まずに読み進められました。何故なんでしょう、と自身でも不思議さが残って。DRYという意味はとか、どこまで現実感がとか、この作風に浸りながら最後まで。下地となっている貧困、介護、年金に纏わる現実味。確かに実際にあった事件も思い出されて。女の生きる道はと、問いかけられますが、一方的に女だけじゃない、男との絡みが無いところにDRYという感情が活かされてるような。

2019/10/27

なゆ

DRYかーーー!!!という衝撃にクラクラ。まさかひ香さんがこんなどす黒い話を書くなんて。私には刺激が強すぎ…と思いつつも目が離せなくなって、そこからさらに一気読み加速。離婚して子どもも残して、荒んだ実家に戻ることになってしまった藍。寄るとさわると口汚く罵り合う母親と祖母に手こずるなか、隣家の美代子が何かと手を貸してくれ、親しくなってゆくのだが…。読み終わると、あの衝撃よりも、なにか重たいものがズンと残る。孤独な介護、毒親、抜け出せない貧困。失うもののない孤独が、暴走させてしまったのか。やるせない読後感。

2019/04/20

のぶ

クライムノベルのジャンルに入るのだろうが、何とも哀れな印象を抱いた。北沢藍は職場の上司と不倫して、二人の子供を置いて家を出た。実家に戻るが、男にだらしない母と祖母が暮らしていた。最初から悲惨な状況の家庭環境が描かれる。そんな中、隣人の馬場美代子が祖父の介護を一人で行っているが、藍にも手助けの手を差し伸べてくれた。そんな美代子も家庭で秘密を抱えていた。その後物語は思わぬ展開を見せる。桐野夏生「OUT」を想像させるシーンが展開する。介護という重いテーマを救いなく描いて、やるせない気持ちが残った作品だった。

2019/02/18

感想・レビューをもっと見る