読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

屑の結晶

屑の結晶

屑の結晶

作家
まさきとしか
出版社
光文社
発売日
2019-09-18
ISBN
9784334913069
amazonで購入する Kindle版を購入する

「屑の結晶」のおすすめレビュー

複数女性と奔放に付き合う“チャラくてクズ”な殺人犯。だが本当の犯行動機は…!?

『屑の結晶』(まさきとしか/光文社)

 この世に存在しているのに、まるで自分はここにいないみたいだ――そう絶望し、生きる意味がわからないと思った日が筆者にはある。鏡に姿は映っているのに、誰の心にも自分は映っていないと思い、誰かに必要とされたくて、自分のことを見てほしいともがく。まるで幽霊のような人生だと思っていた…。

 もしあなたも同じような孤独感を抱えたことがあるのなら、手に取ってほしいミステリー小説がある。まさきとしかさんの『屑の結晶』(光文社)だ。

■「誰を殺そうと俺の自由」好き勝手に振る舞う動機とは――

 ミステリー小説に残虐な事件と極悪非道な犯人はつきものだ。しかし、本作の犯人・小野宮楠生はそれとは一風変わっている。彼は池袋の雑居ビルで70歳の清掃スタッフの女性を灰皿で衝動的に撲殺し、逮捕された。

 その後の供述で、前日にも同様の手口で元交際相手の女性を殺害したことが判明する。2人の女性を殺した小野宮は「誰を殺そうと俺の自由だろ」と口にし、満面の笑みを浮かべてピースサインをしながら送検されたことで、世間の注目を集めることに。

 さらに、逮捕後には…

2019/10/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

屑の結晶 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

はぁ・・クズばかりで苦しい。誰が本当のクズだろうー生きて罪を償う事が、命に替えて守ろうとしたただ一つの彼の証になるのだろう。親子とは約束とはを考える。自分が親になって気付く事がある。指切りげんまんをしなくても文字に残さなくても、相手がいてもいなくても、自分の心に誓うことはある。自分だけが知っているー女のヒリヒリした怖さと楠生の哀しみを、まさきとしかさん堪能した。

2019/09/29

みっちゃん

これはあまりにも救いがないではないか。女性二人を殺しながら「誰を殺そうと俺の自由」とうそぶき、満面の笑みでピースサインをするクズ男。が、表紙のあなたが黄色が溢れる中、見上げていたものがあなたの生きるよすがだったのか。悲しすぎるよ。そんなあなたに誰がした。他にどんな生き方を選べたというのだろうか。怒りと悲しみが胸の中で渦巻いてどうしようもないよ。

2021/02/06

ナイスネイチャ

図書館本。女性二人を殺害した男を弁護する主人公。軽薄な容疑者の発言に振り回され、彼を擁護しようとする女性達や過去を遡り殺害した女性と容疑者が同郷だったりと二転三転する展開で楽しく読まさせていただきました。表紙のイメージとちょっと違い重たい内容でした。

2020/01/14

あも

2人の女性を殺害、逮捕時にカメラに向かって笑顔でピースサインをした小野宮楠雄。複数の女性のヒモだった彼は本名をもじって"クズ男"と呼ばれる。逮捕後もなお彼をかばおうとするクズ男の恋人たち"クズ女"に雇われた弁護士の貴子は危うく印象の定まらないクズ男が犯した事件の真実を知りたいと、仕事の範疇を超えて調べを続ける。『Blue』、『イノセントデイズ』、『つみびと』…これらの小説を思い出す。そのようにしてしか生きられなかった者へ、幸運にもそうではなかった人々が振り下ろす正義の鉄槌。愛されようとした罪へ下された罰。

2020/02/17

★Masako★今月もゆるゆる読書📖

★★★✰︎二人の女性を殺害したとして逮捕された小野宮楠生(くすお)。取り調べに対して「誰を殺そうと俺の自由」とコメントし、送検の際には満面の笑みを浮かべピースサイン。沢山の女性を股にかけてたこともあり「クズ男」と呼ばれた。楠生の掴みどころのない態度と表情、突然変える供述。弁護を担当した宮原貴子は、彼に翻弄されながらも真相を突き止める為調査を始めるが…。認めてもらいたい、愛してもらいたい、楠生もクズ女たちもそして貴子も。楠生の満面の笑みの訳を知り、胸が痛む。もやっとした部分もあるが読み応えのある作品だった。

2020/04/28

感想・レビューをもっと見る